角川コミックス・エース一覧

サイゴのサイコ

多重人格探偵サイコ25

サイコ完結。
ちゃんと、ラストまでいってひとまずよかった。
でも、ルーシーがなんで人類にとって、重要人物なのかというのは、ちょっとわからないです。感情共鳴で集団自殺はすごいかもしれないけれど、それ、洗脳の研究とそんなに変わらない気がします。

「デビルマン」と同じで、人というのは形ではなくて心で、伸二や弖虎は人間になったけど、学窓は欲望に溺れて人間になれませんでした。なら、落としどころとして落ち着きはいいけれど、学窓の欲望も人間そのものという感じでかかれていたかも。

うーん、原罪のない人はいないということかなぁ。


魂の還る場所

多重人格探偵サイコ23

詐欺ではなくて、次巻で本当に完結。
設定や伏線は、あんまり回収しなくてもいいと考えている大塚 英志が、どんな結末をつけてくれるのか。

さて。それでも、完結まで紡がれた物語はしあわせです。マダラの続き読みたい。天使篇だけでもいいから。


終末へようこそ

多重人格探偵サイコ21

次巻予告では、「長い旅がついに終わる」。

終わる終わる詐欺(笑)

弖虎の心から、若女の心の中へという感じで、お話が続いていきます。
着地点は?


心の嵐

多重人格探偵サイコ20

そういえば、公彦とか℃は、マンガ出ててきたような気もするのですが、どうなったんだろう。一切、覚えてないです。
そして、話はどんどん笹山さんに寄っていく感じなのかなぁ。

そして、最後の宣伝に、次巻完結とか思いっきり書いてあるのですが、全然、次の巻で完結じゃないという。


人は変わる

多重人格探偵サイコ19

世界中の人間が、全部同じDNAを持っていたとしても、やっぱり、経験や記憶で、全部違う人間になってしまうのだろうなぁ。
それは、祝福なのか?呪いなのか?