角川グループ一覧

思い続けるパワー

ファイブスター物語 トレーサー Ex.1

「花の詩女」をこえて、バージョンアップされた「ファイブスター物語」ですが、これは、そのバージョンアップ前(かな)。

まあでも、「花の詩女 ゴティックメード」のお話自体は、はじめっから、「ファイブスター物語」のなかに、内包されていたのだなぁと読んでいるとわかります。

というか、「エルガイム」のときから、こんなことを思って、しかも、思い続けているというパワーが、すごいですよねぇ。


魔導大戦

ファイブスター物語 リブート7 THE MAJESTIC STAND 1

最近、ワスチャとアル・デイーンが、けっこう重なって見えるんですよねぇ。

そして、不可能に挑むボスやん、けっこう好きかも。デコースとかも、基本、パンクなところがカッコいいと思っています。
じゃーじゃー可愛い。


キング

サマーウォーズ クライシス・オブ・OZ

サマーウォーズの小説版。と言っても、映画のノベライズではなくて、外伝的なお話です。
これが、あの事件の前なのか後なのかというのは、とっても気になっていたところなのですが、最後でわかります。まあ、あの仕掛けがあると、ちょっとお話に矛盾ができちゃう気もしますが、それも良いかと思えます。

なかなか、爽やかなお話です。その後、2人がどうなったのかが気になるということは、良いお話だったのです。

土屋 つかさ,細田 守,杉基 イクラ,貞本 義行
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日 : 2010-07-31

邪神とホームズって、アシモフも書いてた

壊れやすいもの

短編集。
ボードゲームになった「翠色の習作」が読みたくて探していたのですが、もう絶版。電子書籍でも出ていない。もちろん、文庫にもなっていない。2009年の本です。微妙なところか。
ということで、図書館を調べてみたら、あっさりあったので、借りてきて読みました。図書館で本を借りるなんて、10年以上ぶりかも。

1番最初に載っているのが、「翠色の習作」。
クトゥルーとホームズ。これいいわ。

全然、ホームズVSクトゥルーじゃないやんと思っていたら……。という感じで。でも、この人があの人だということは、ちょっと読み進めていくうちにわかったよ~とか。

まあ、ゲームに影響はないっちゃないけれど、これをはオススメでした。

あとは、けっこう元ネタ知らないのが多いからなぁ。しっているのは、楽しめました。常に逆転の発想みたいなところがあって、ちょっとそれがマンネリかなぁと感じるところに、フッといい話が入って先を読ませてくれます。
マンガじゃないニール・ゲイマンを積極的に追いかけていく気は今のところはないですが、充分楽しめました。

マンガの方のニール・ゲイマンは、「サンドマン」はイマイチ。「デス」は好き。

ニール・ゲイマン,Neil Gaiman,
金原 瑞人,野沢 佳織
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日 : 2009-10-30

自衛隊ラブコメ

クジラの彼

作者曰く、「自衛隊ラブコメシリーズ」。なかなか、意外な組み合わせで良い感じです。そして、内容はまさにその通り。自衛隊にまつわりいろいろな恋愛話が中心の短編集です。
自衛隊が舞台ですから、これまでの自衛隊3部作のあの人は今的なお話もあります。まぁ、「塩の街」は、特殊すぎてここにはないんですけどね。
あと、謎生物たちは、今回は出てきません。

けっこうみんな、気が強いです。特に女の子。そして、筋肉が好きですね。まあ、実は自衛隊だから、こういう人が多い……というのは、実は嘘で、いろんな人がいるのは、自分がいる職場を見渡せば良くわかると思います。それでも、その職場その職場の文化というか、色はあるんだなぁと思ったりしながら読んでおりました。

「有能な彼女」が、特に読みたかったのです。やっぱり、尻に敷かれていたか~(笑)

ただ、この人のかくカップルって、今はラブラブでも未来ではどうなっているのかがけっこう未知数に感じさせられるところがあって、そこがリアルというか怖い感じもします。

角川書店,角川グループパブリッシング
発売日 : 2010-06-23