藤巻忠俊,読書ジャンプ コミックス,マンガ,藤巻 忠俊,集英社,黒子のバスケ

黒子のバスケ EXTRA GAME 前編

延長戦(笑)
ちょっとだけ続くのじゃといって、延々続いたマンガもあるけれど、これは、前後編で終了のようです。

最後は、ドリームチームで、世界と闘います。
強くて悪そうな敵。オーソドックスだけど、熱い展開だ。

藤巻忠俊,読書ジャンプ コミックス,藤巻 忠俊,集英社,黒子のバスケ

黒子のバスケ30

ラスト。
なんか、続きがあるみたいですが、取りあえずラスト。

でも、このラストって、ものすごく最終回らしい最終回で、いいなぁと思います。

そして、また、ここから始められる。そんなラストです。

藤巻忠俊,読書ジャンプ・コミックス,藤巻 忠俊,集英社,黒子のバスケ

黒子のバスケ29

これが、今まで置いてきた伏線が活きるということか……。
おもしろい。

最後は、赤司の体力なくなって自爆かな?

藤巻忠俊,読書ジャンプ・コミックス,藤巻 忠俊,集英社,黒子のバスケ

黒子のバスケ28

いろいろ考えつくなぁ~というのが。無茶なんだけども、無理じゃない感じ。
そして、誠凛も、容赦無しに弱点を攻めていくな。

あと1巻で終わりかな?
ラストしらないのです。勝つのかな?

藤巻忠俊,読書ジャンプ・コミックス,マンガ,藤巻 忠俊,集英社,黒子のバスケ

黒子のバスケ27

黛。素晴らしい名前だ。
このマンガのこういう潔いところが好き。

スペックの高い黒子。
それって、黒子が目指していたところとどうちがうのかは、イマイチわからないのですが。そのスペックの分だけ、目立つんじゃね??

監督リコが、実はこのマンガで1番凄い人なのかも。