藤子不二雄A一覧

遊ぶ子供の声きけば

オバケのQ太郎8 藤子・F・不二雄大全集

この時代のマンガを読んで、しみじみと思うこと。

土管のある広場、風呂屋の煙突、日本は、いろんな風景をなくしてきたなぁ……。

風呂屋の煙突は、わたしは知らないけど。でも、土管のある広場はあったなぁ。


戯れせんとや生まれけん

オバケのQ太郎7 藤子・F・不二雄大全集

前もかいた気がしますが、このひたすら遊び続けているところや、本当にQちゃんが、役に立っていなくて、保護者でなくて友だちであるというところが、凄いマンガだと思います。
しあわせな時代が、確かにあったんだなあと感じさせられます。


1年生のオバQ

オバケのQ太郎6 藤子・F・不二雄大全集

1年生の「オバケのQ太郎」です。
ドラえもんのときもそうだったのですが、1年生向けの作品のレベルの高さにおどろいています。コマも大きくて、読みやすいです。

この辺になると、以前していた石ノ森 章太郞の臭いがすっかりぬけている気がします。


とべ、はやぶさ号

海の王子3 藤子・F・不二雄大全集

「海の王子」、完結です。まぁ、いつ始まって、いつ終わってもいいようなお話です。
この巻は、まえの2巻よりは、おもしろいです。

でも、結局、海の王子ってなんなのさということや、この人たちのバックはなんなんだとか、何のために、ということは謎です。

主人公が1番あやしい……。


2巻も出るのか?

西原理恵子の人生画力対決1

基本的に、倉田 真由美とちがって、ずっと、自分をさらして笑いをとり続けているところがいいです。
まあ、強力な助っ人の力も、確かに借りていますが。

それでも、自分の名前で、ちゃんとケンカ売ってるもんなぁ。偉いわ。

なんで、藤子不二雄A先生とかが出てくるのかは、謎ですが(笑)

しかし、おそろしい企画だ。