藤子不二雄A一覧

昔むかしのお話です

初期少女・幼年作品 藤子・F・不二雄大全集

多分、ものすごい初期作品。
さすがに初期だけあって、手塚 治虫の影響を感じさせる作品集です。
でも、手塚 治虫の作品に比べると、やはりわかりやすく、理屈っぽくないです。

この頃の作品って、藤子不二雄Aと合作ではないかと思っていたのですが、A氏の方は、少女マンガは描いてないのかな?


舞はぬものならば

オバケのQ太郎11 藤子・F・不二雄大全集

オバケのP子日記というのがあって、なんていうか、世界全体に、オバケワールドが広がっていっているのがいいなぁと思います。

ドラえもんにも、その広がりというのは、ちょっとはあったけど、オバQは、この異界からきたオバケたちの町内への広がり方が半端じゃない。
特に、ドロンパなんて、こどもがまったくいない神成さんのところの居候。これって、なにげに凄いことだと思います。

そのへんてこな感覚が、面白いです。


いっちゃってる感じ

仙べえ 藤子・F・不二雄大全集

F氏のストーリーにA氏の絵だそうです。

言われてみれば、A氏のキャラクターの方が、目がいっちゃってる感じがあるので、わかる気がする。迫力があると言ってもいいかな。

わたしは、F氏の絵が好きだけど、これをわざわざA氏の絵でしたと言うことは、何となくちょっと狂気な感じ、ドタバタな感じを表現したかったのかな~。

藤子・F・不二雄,藤子不二雄A
小学館
発売日:2011-04-25
 


舞え舞え蝸牛

オバケのQ太郎10 藤子・F・不二雄大全集

初期のオバQは、石ノ森 章太郎のにおいがしたけれど、このあたりになるとない感じです。
基本、女の子の顔が、違うようです。

マドモアゼル編というのは、まったく知らない展開でした。神成さん家の下宿人が全く違うシリーズです。大人にも、けっこう人気があったのか?
「明星」とかにも、載っているぐらいですからねぇ。すごいです。


我が身さえこそ動がるれ

オバケのQ太郎9 藤子・F・不二雄大全集

Qちゃんみたいな友だちが欲しいという気持ち、わかりますよねぇ。
このマンガが、ここまで長く続いた1番強い理由は、その気持ちだけをずっと子どもたちに感じさせ続けたことが大きいんじゃないかと思います。

この頃のドロンパは、目がうつろじゃないです(笑)