薔薇のために一覧

この形のないものに…

薔薇のために9

芙蓉さんって、ずっと、長女をしてたんだなぁとつくづく。
そして、おぉ、猫吉、かっこいいぞ。いいとこもっていくなぁ(笑)

しかしなぁ、この最終巻を読みながら色々考えました。
それと愛は全然本当は関係ない物かもしれない。
でも、それが、すべてのコンプレックスの元で、それがないと安心できない。
もちろん、それがあっても安心できないんだけれど……。
それは、自分と相手だけの間にあって欲しい。
じゃあ、それと愛は、一緒のものではないの?

多分、違う。

なぜか、わたしの中で、「薔薇のために」と「ふたりエッチ」という、2つの作品が、グルグルするのであった。

形がないから、不安になるよ。
でも、だから、大切なもの。


生みの親より育ての親

薔薇のために8

ゆりちゃん、両親はどっちもろくでなしっぽいのに、いい子(?)に育ったのは、やっぱり育て親が穏やかな人だったからだろうか?
しかし、物心ついた頃には、もう、一緒にはすんでなかったんですよねぇ。

やっぱり、遺伝ではなくて、育て方ってあるのかも。

そして、とみに最近、性格がきつくなってきたのは、周りの影響ということでしょうか?

猫吉と芙蓉さんの恋も、これで一段落のようです。


そんなに、アンモラルか?

薔薇のために7

う~ん、兄弟と感じないのなら、それもアリで、それもしかたないと思うのは、あんまりにもアンモラルなんでしょうか?
芙蓉さんのあわてっぷりを見ながら、そんなことを考えているわたしは、鬼畜でしょうか?

「薔薇のために」は、全9巻。
あと2巻で、登場人物みんなの落としどころがつくんだろうか?



けっこう、ケンカ売ってるよな

薔薇のために5

ゆりちゃんですが……けっこう、女の子相手には、ケンカ売ってるよなぁ……と思ったりして。
まあ、性格的に、「ゆるせない」というのはあるのでしょうが。

それはもしかすると、花屋敷家に長くいた影響でしょうか?