田村隆平,読書べるぜバブ,ジャンプ・コミックス,田村 隆平,集英社

べるぜバブ28

おまけっぽい最終巻。

うん、でもこの巻はあった方が格段にいいです。
前巻まで、かなり気合いが入っていたので、てきとうに抜けた感じで。
シリアスに傾くのは簡単だけど、逆って、けっこう難しい。

田村隆平,読書べるぜバブ,ジャンプ・コミックス,マンガ,田村 隆平,集英社

べるぜバブ27

本編完結。
あと、1巻、番外編本が出るよということですが、まだ出てないです。
番外編自体の連載は終わったのかな?

強いヤツがあらわれたら、今までの敵がどんどん味方になって、しかも、そいつらがバコバコ倒されていくという、本当に番長マンガの王道を行く展開で素晴らしかったです。

まあ若干、この前の巻ぐらいからこの巻への流れは、無理無理な感じというか、急いだ感じがあるのですが。

結局、悪魔がいないと番長は務まらないということのようですね。
そこは、残念といえば残念ですが、楽しませてもらいました。

新作にも期待しよう。

田村隆平,読書べるぜバブ,ジャンプ・コミックス,田村 隆平,集英社

べるぜバブ26

アメリカ行き。
そして、まさかの展開です。

最終回は、少なくともこうなるんだと思っていたのですが、途中で、こうなるとは。

まぁ、これは、悪魔の力があるから強いのか、本人が強いのかという前の巻のわたしの疑問、読者の疑問に、真っ向から答えようとしているのかもしれない。

逃げないなぁ。面白い。

田村隆平,読書べるぜバブ,ジャンプ・コミックス,田村 隆平,集英社

べるぜバブ25

知将の魂争奪戦、後半。
最後、若干、グダグダになっておりますが。
これ、ちゃんと合体したのか?

男鹿たち、悪魔の力を使うことじたいには、あんまり、抵抗がないんですよね。
このあたりは、ちょっと、気になったりします。

あるもの何でも使うのが不良か?

田村隆平,読書べるぜバブ,ジャンプ・コミックス,田村 隆平,集英社

べるぜバブ23

悪魔だらけの世の中ですな。
新しい展開で、謎が小出しに見えてきて、安定のおもしろさです。