王 欣太一覧

そして、伝説へ…

蒼天航路36

なんで、このところ、ずーーっと、関羽にこだわっていたのか。
その謎が解ける最終巻。

関羽は、神になった。そして、それをプロデュースしたのが……。
この仕組みは、なかなか、すごい!!よく思いついたなぁという感じです。

しかし、本当にあっさりと、曹操の死で、物語を閉じたなぁ。
これは、またいつの日か、読み返してみたい「三国誌」です。


関羽、関羽、関羽

蒼天航路35

曹操の最後を語るには、関羽なのかなぁ。これでもかというぐらいに、関羽です。

魏諷の話とかは、もうちょっとくわしくてもよかったのにと思います。
陸遜と呂蒙は、けっこういい感じです。

あと1巻。このまま、関羽で引っ張っていきそうですねぇ。


またまた、関羽

蒼天航路34

そろそろ死ぬのかな。
そうすると、曹操も…。
そして、このマンガも終了かな?

と思って読んでいるのですが、なかなか、しぶといしぶとい。

そして、関羽は関羽のまま、最後の一花咲かせています。


法正

蒼天航路33

法正は、まだ名前しってる感じですが、魏諷って、有名な人ですか?
なんか、若い頃の孔明が暗躍しています。

というか、若い頃の方が、孔明、すごいヤツっぽい。


関羽…

蒼天航路32

そういえば、北方謙三が、唯一自由に満足に書けなかったというのが、関羽だそうで。
たしかに、この新解釈いっぱいの「蒼天航路」でも、関羽は、関羽のままです。

わたし的には、関羽あんまり好きではないけど、それは、それで、凄いかも。

なんか、曹植、かっこいいです。