王への請願一覧

やっと遊べたブルームーン・シティでした。

 以前に遊んだ、以下のゲームの評価を書きました。

「王への請願」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=5882

「メタルルギー」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=5883

「犬の散歩」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=5884

「ヴァルハラ」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=5885

「ゴキブリ・ポーカー」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=2508

「ブルームーン・シティ」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=5886

「マメじゃないよ」
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_comment.php?comm_id=5887


湖畔のゲーム会

2月。三連休ということで、三連休の初日2月10日(土)に、ゲームハウスにて湖畔のゲーム会が行われました。

遊んだゲームは、

「マンチキン日本語版」
「バベルの塔」
「カイロ」
「サンクトペテルブルク」
「ことば博士」
「ブロックス・トライゴン」
「百科審議官」
「ヘックメック」
「王への請願」
「タルバ」 

「マンチキン日本語版」は、単純な割には、ルールが多いので遊びやすさに難がある気がします。
まあ、TRPGのルールの細かさといい加減さを笑うゲームなので、しかたないか。
ざっくり大作りな感はありますが、意外とバランス悪くないのかとも思わせところもあります。
欠点は、やっぱり、「D&D」を知らないとねぇということですね。

「バベルの塔」は、ねぇさんが

「遊んだことある!……かも……」

と。
「かも」って、何だ?「かも」って。
遊んでみると、なるほど、おもしろいけど印象に残りづらいゲームでした。協力したり、出し抜いたりという感じが、同じクニツィアの「ブルームーンシティ」とよく似たテイストでした。

「カイロ」は、下手なわたしは、徹底的に下手です。
0点でした。練習しようという気にまではならないなぁ。たまには、遊んでもいいかな?でも、練習しない限り、結果は同じかも(笑)

「サンクトペテルブルク」は、初プレーの人と、経験者がいるときは、どこまでアドバイスするのかというのは、微妙なゲームだと思いました。
初プレーの人に、あんまりにも言いすぎるのは、その人の考える楽しさを奪ってしまいます。だからといって、よっぽどゲーマーでないと、アドバイスなしでは、かなり差が出てしまうし……。その辺のさじ加減は、難しいですね。
特にこのゲームは、例えば最初、職人を買わない初心者がいた場合、いきなり次の人が職人を3人抱えてスタートするということになりかねません。この差が、かなり大きく出てしまって、勝敗に大きく影響することが多いのです。
まあ、「最初の職人は、とにかく買う」というのは、ルールにもアドバイスとして書かれていることなので、言ってもいい(言うべき?)ことかとも思うのですが。
まあ、初心者の人が一緒に混ざったときは、もちろん勝ちを目指すのですが、自分に不利になる(あきらかに誰かに有利になる)プレーを、その人がしたとしても、

「そんなプレーは、おかしい!!」

とは言わずに、優しく見守れると、また、次から一緒に遊んでくれる人が増えていくのかなぁと思います。
それをするのは、その人なりになにか理由があるはずなので、せめてどうしても言いたいのなら、ゲーム終わってからにした方がいいなぁと思います。
すごい、いいゲームなのですが、そのあたりだけが、難しいなぁと思います。

といいつつ、今回のように、ゲーマー3人と初プレーの人1人だと、あっこでアドバイスした方がよかったのかなぁ……。

とか、矛盾したことも思ってしまいます。

「ことば博士」。わたしは、だるま(笑)

ここで、1人用事のため帰宅。
以下、3人で遊びました。 

「ブロックス・トライゴン」は、ブロックがはまるかどうか、入れてみないとわかりづらいという問題が(笑)
でも、3人で、すっきり楽しめるというのは、いいです。

「百科審議官」は、3人専用のゲームということで。
わたしのお題は、「光るもの」。ねぇさんは、「木がつつかわれているもの」。もう1人は、「うみ」。
光るもの。「人」とか、「ウルトラマン」とかは、若干、わかりにくすぎだったかも。
あんまり絡み合わず、夕食のピザが来たので、途中で中断。

「ヘックメック」は、最近、サイコロのゲーム絶好調のねぇさんの1人勝ち。
いきなり、「29」をとって、その後も、「28」とか、人の「26」を横取りとか……。
昔のサイコロで笑わせてくれるねぇさんは……(笑)

「王への請願」は、「ヘックメック」で独走を許したので、サイコロゲームのリベンジとして。
前回、おてばんで遊んだときは、わたしは、サイコロ操作系のカードばかりを集めてしまって、サイコロが増えず、最終の決戦ですでに負けていたので、その反省を活かして……。
と思っていたのですが、また、サイコロ操作系のカードばかりを集めてしまいました(笑)
そして、余裕で、ねぇさんが、王様と王妃様をおさえて、また持っていかれました。
このゲームは、自分の取ったカードが人に影響するということは少ないので、「サンクトペテルブルク」以上に、アドバイスなんてせずに、はじめてでもまかせておいていいゲームだと思います。
まあ、慣れないと、今振ったサイコロの目が、どう発展する可能性があるのかを見落としてしまうこともあるのですが、それを含めて、考える楽しみを味わえるゲームだと思います。
自分ならこうするのにというのが見えると、ついつい言いたくなりますけどねぇ。
昔のサイコロで笑わせてくれたねぇさんは……(笑)

「タルバ」 は、いいゲームですねぇ。これも、若干、経験差がでるような気がします。
といいつつ、インストしたわたしが、今回、ルールを間違っていて、すいませんでした。

タイルを置ききって点数計算という状況は、今のところ見たことないです。今回は、特に3人だったから、タイルがけっこう余っていました。今までみたことがあるのは、2種類の建物を置ききるサドンレス勝利ばかりです。
でも、4人でやった場合は、どっちか微妙になるかな?
いろいろ試してみたくなるよいゲームです。

けっこう長く書いたので、これをもって、ゲーム会参加報告、及び、ゲーム会レポートということにさせてもらいます(笑)
本当は、もっと1つ1つのゲームのことを書きたいのですが……。


2007年 1月 おてばん

1月27日(土)。
今年最初のおてばんに、参加してきました。

遊んだゲームは、

「王への請願」
「メタルルギー」
「犬の散歩」
「ヴァルハラ」
「ワードバスケット」×10
「ゴキブリ・ポーカー」
「ブルームーン・シティ」
「マメじゃないよ」
「ブロックス・トライゴン」

などなどでした。

今回は、持っていったゲームの稼働率がとっても高くて、嬉しい限り。
持っていったのは、「王への請願」、「ブルームーンシティ」、「貴族の務め」、「チグリス・ユーフラテス 王たちの戦い」、「マニラ」などなどでしたが、「マニラ」以外は、全部遊ばれていました。
主催者の白紙さんが欠席されて、若干、新作ゲームが少なかった(かな?)影響もあるかもしれません。

「王への請願」は、まあまあおもしろかったです。
最後の勝利条件が、不思議な感じ。でも、サイコロゲームで、あり得ない目が(イカサマで)そろっていくのは、けっこう楽しいです。 

今回、遊んだ中では、「メタルルギー」が、1番でした。良かったです。連鎖が決まると、爽快感があります。

「犬の散歩」は、ゆうもあで遊べそうなゲームだなぁと思いました。
シンプリー・ファンのゲームは、最近よく遊ぶのですが、どれもけっこうシンプルでいいです。
アイデア的には、このゲーム、かなり荒いと思いますが、フィギアがカワイイのでそのあたりでポイント上げています。

「ヴァルハラ」は、ちょっとルールの間違いがあったようです。みなさんの評価は、今ひとつということでしたが、わたしは、割とおもしろいゲームだと思いました。
もう、1回ぐらいしてみたいです。

「ワードバスケット」×10は、時間あわせのためにしました。
これ、そんなに長時間していないんですよ。いかに、レベルの高い争いだったかが良く表れています。そして、わたしはお地蔵さん(笑)
プロとしてはいけない……。

「ゴキブリ・ポーカー」は、おもしろいですが、一戦終わると、ドッと疲れます。
手札枯渇で、負けました。正直者で、いい人は、負けるんです(とお約束として書いておきます)。

ずっと遊んだことがなかった「ブルームーン・シティ」が遊べて、良かったです。
あとは、持っていて、気になっていて、遊べてないのは、「チグリス・ユーフラテス 王たちの戦い」ですねぇ。はやく、わたしも遊んで、

「いや、やっぱり、ボードゲームの方がいいねぇ」

とか言ってみたいです(笑)

「マメじゃないのよ」は、1プレーだけ。奇跡の大勝利(笑)
1回だけでは、運が偏りすぎという説ありでした。
意地悪なゲームだ。

最後は、早うち「ブロックス・トライゴン」。
この形は、微妙にわかりにくい。

また、「チグリス・ユーフラテス 王たちの戦い」持っていきます。
だれか、遊んで下さい(笑)


パティクローバー 後編 きっかけのお店

さて、店内です。

奥から店長さんが出てくるのは、ちょっと、町の駄菓子屋さんなんかを彷彿させます。でも、これも、アットホームな感じでよいと思います。

店内は、スペース的には、かなり狭いです。
でも、レイアウトはかなり考えられていて、無理していろんなものをつめこんであるという感じではありません。
それどころか、なんと、カルカソンヌや、ガイスターなんかは、実際に箱から出して、コマやタイルがレイアウトされていています。

よくぞ、ここまで!!

こういうレイアウトは、いいなぁとは思いますが、商品を1つ潰してしなければならないので、かなり大変そうです。
ぱふなど、木のおもちゃ屋さんでは、遊べる見本をだしているところもありますが、ボードゲーム専門店でコレをしているのは、「メビウス ゲームス」と「すごろく屋」しか知りません。

ねぇさんが、店長さんに聞くと、

「いえ、出来るだけ自分のもともと持っているものを使ってやっているんです」

とのこと。
なかなか大変そうです。

ゲームも、独自に紹介をつけられていて、はじめてボードゲームにふれる地域の方への配慮も、かなりしっかりしている様子です。

唯一残念だったのが、実際にボードゲームを広げてみて、説明できる場所がなさそうなところです。それは、スペース的なことからもしかたないですねぇ。
まあ、ボードゲームを広げてしまうと、また、売り物にならないものが増えてしまいますし。
これは、店長さんのボードゲームに対する熱い語りでルールを説明してクリアしていってもらわないと。

さて、気になる品揃えですが、メビウス訳のゲームが中心です。あと、メビウスでは扱っていないホビージャパンのゲームなども、チラホラありました。

「カルカソンヌ」や、「ゴキブリポーカー」、「ニムト」、「ブラフ」などなどの定番から、「大聖堂」、「手荷物検査」などの最新作まで、店長のオススメのゲームが、セレクトされて置いてありました。

来店記念に、なにか買おう!

「『大聖堂』は、買わないの?」

「いや、長いらしいで。2、3時間ぐらいとか。やる機会があるかなぁ」

「うーん、じゃあ、1回遊んでから考える…」

「『手荷物検査』は、おもしろかったんちゃうの?」

「あれはね、缶の箱がいいのよ。でも、あの缶の箱だけで、6000円はねぇ……」

「カードゲームですからねぇ」

と、最後のセリフは店長さん。
いいのか?そこは、缶の箱のすばらしさを力説して、購入させるべきところ。しかも、ねぇさんは、アイテムに弱いというのに(笑)

で、結局、選んだ1つは、2人とも遊んだことがない「王への請願」と……。

「あっ、これは!」

とねぇさんが、妙に和のテイストの入ったゲームを発見。
なんか、イレギュラーな大きさの箱に、戦国武将のような絵がかいてあります。日本のゲームです。

「『二四棋』?」

どうやら、ボードがけっこう大きいみたいです。そのボードが、いい材質のものではないかと惹かれている様子。

「おもしろいの?」

「なんか、どこかで聞いたことない?」

聞いたことあるような気も微妙に。メビウスママさんか、メビウスおやじさんのブログかな?1
おもしろいのか?持ってるだけで、笑える?(笑)

「こっちは、2人用の『二四棋』です」

同じ棚には、カードゲームサイズのというか、カードだけが入っている廉価版の「二四棋 小伝」というゲームがありました。
箱には、テプラで、手作りの値札とゲームの情報が。

「2人用 中級カードゲーム」

「これにしよう!」

「ええっ!」

今、どういう思考回路の流れで、このゲームが選ばれたのだ?

ということで、2つのゲームをゲットして、パティクローバーを後にしました。

少しずつ、ボードゲームのお店が増えるのは、ボードゲームファンとして、とっても嬉しいです。
特に、地元の滋賀ということで、これからも、末永くおつきあいしていきたいと思っています。

人と人の出会いや、結びつきをつくる「きっかけ」のお店であって欲しいですね。

がんばれ!パティクローバー!!

  1. メビウスおやじさんのブログでした。 []