源氏物語一覧

いい男に見え隠れする若干の狡さ

シンクロオンチ!4

「シンクロオンチ!」も、これで完結です。
2巻から3巻を読むまでの間に、まるまる「GENJI源氏物語」が入っていたりで、たった4巻ですが、けっこう時間かかりました。

さて、このマンガ、女の子のたまちゃんの気持ちで読むと1、コンプレックスも含めて全部愛してくれる人が見つかって、よかったねーーという感じなのです。が、しかし、男のコーチの気持ちで読むと、なんか、若干、狡さが見える気がするのです。

狡さっていっても、コーチって、もてたいからかっこつけているみたいないやらしいところはないんです。好きなことに真剣に取り組む体育会系いい男(笑)
でも、なんで、たまちゃんを選んだの……と考えると。

えーと、ある意味、えらび放題だじゃないですかろ。そのなかから、あえてたまちゃんを選んだ理由というのが、なんとなく見えちゃう気がする。まあ、これは、わたしの解釈だし、もてない男のヒガミも若干はいっているかもしれないんですけどね。

積極的に恋愛に動くタイプの人ではないので、もちろん、たまちゃんからラブラブアタックがあったからというのはあったと思います。でも、そんなのは、他の人からもあったはずでしょう。
でも、あえてたまちゃんを選んだ理由。

多分、赤裸々モードのせいなんだと思うんです。
あの隠し事がないという安心感が、コーチにとっては大きかったのでは。

「変なとこが気に入った」

と言えば、なんか欠点を受け入れているみたいで聞こえはいいのですが、自分の心配をあらかじめカットしちゃうために、もともとそういう安心できる人を選んだという感じがしないでもない。

だとすると、けっこう気が小さいぞ、コーチ。

まあ、コーチの方は、もともと「恋に落ちた」わけではないみたいなので、それでも仕方ないのかもしれませんが。一緒にいることで、育っていくものもあると思うし。

でも、そう考えると、この2人って、これからも色々と波乱がありそうな感じですねぇ。

まあ、そんな感じで不満めいてかいておりますが、この巻もおもしろいです。なんか、ミステリー仕立てで楽しめました。

  1. わたしの読書方法は、感情移入です。で、感情移入できる物語をおもしろいと感じるようです。キャラクターが男でも女でも、関係ありません。 []

「オンナ」でなくて、「オンチ」でした。

シンクロオンチ!3

「GENJI源氏物語」よりも先に読み始めていたのに、3巻がなくて(なぜか4巻が2冊あった)読んでなかったシリーズです。

これ、おもしいろです。

ずっと、題名を「シンクロオンナ」だと思っていました。「シンクロオンチ」だということが判明……。


たとえ、英雄と呼ばれなくても……

ドラゴンランス セカンドジェネレーション 上

「ドラゴンランス」の子どもたちの物語です。

むかしは、こういう続編って、

「やっぱり、前作にくらべると……」

という感想をもちがちでした。
でも、最近は、

「そういう続編も悪くないなぁ」

と思っています。

源氏物語も、源氏が死んでからは面白くないとか思っていましたが、最近は、薫とか匂宮の話も好きなのです。
これは、年のせいかもしれません。

ということで、「ドラゴンランス セカンドジェネレーション」です。
これは、長編ではなくて、中短編集という感じですね。

「ドラゴンランス」、「ドラゴンランス伝説」とか、けっこう「英雄」の物語だったのですが、こっちは、ちょっと軽い感じがして、冒険者の日常という感じがします。
きっと、タニスたちも、若い頃は、こんな冒険を……とか思ってしまいます。

キットの息子スティールは、めっちゃ魅力的です。
その善と悪への引き裂かれ方は、レイストリンを思わせます。
パリン。レイストリンにあこがれている彼にも、もちろん、その影を感じるのですが、本質的な部分で、スティールの方に、わたしはレイストを感じました。

きっと、みんな、そういう感じで、誰かに誰かの影をみているんでしょうね。

そういう、「長い恋」みたいな雰囲気が、なんとも2代目物語のよいところです。

どの話も大好きなのですが、「賭けるか?」の軽さは、すばらしかったです。
わたしは、ダウガンが誰かは、かなり早い時点でわかりましたが。

パラダインにしても、レオルクスにしても、本当に、この世界の神様たちは、魅力的です。

新しい物語。かなり期待通り…期待以上です。
これからはじまる大きな物語も、期待大ですねぇ。

マーガレット・ワイス,Margaret Weis
トレイシー・ヒックマン,Tracy Raye Hickman
安田 均
アスキー,エンターブレイン
発売日:2003-04-25
 


際だつ

GENJI4 源氏物語

たしかに、いろんなものを切り捨てたために、きわだった部分もあるなぁと思いました。

きれいにまとまった最終話のあとに、「特別編」をつけたのは、悪意だなぁと思いますが……。
でも、夕霧はいないという……。

きら版の雲居の雁も、ちょっと見てみたかったです。


明石で浮気をしない光源氏

GENJI3 源氏物語

レディース・コミックなので、こういう話にしようとはじめっから決めていたのか、それとも、描いているうちにこうなったのか。

でも、女性としてはあるいみ「救い」のある光源氏像です。

ちょっと、女性の気持ちに都合良すぎという感じもしますが……。