武田 俊也一覧

シード

セラフィック・フェザー8

この話を読んでいるとねぇ、かがみ あきらを思い出すんですよ。
あの人のかく話に近い気がする。

あの人なら、物語をどこに着地させただろう?
そう思います。

この物語が彼がまいた種なのか、そうでないのかはわからないけれど、多分、思っている以上に彼がまいた種は世界に残っていると思っています。