楽園一覧

ネズミーランドは、NG?

PAPUWA6

コタローちゃんの修行が終わって、第二パプワ島に帰ってくるまで、ちょっとストーリーが前に進むのもおあずけという感じです。

このパターンだと、いくらでも続きそうだな。

まあ、その永遠にダラダラと続くところが、楽園らしさなのかもしれませんが……。


今までとは違うもの

魔法の声

おもしろかったです。
おもしろかったのですが……。

今まで、「どろぼうの神さま」と「竜の騎士」を読んで、わたしがフンケにもとめていたおもしろさと、この本のおもしろさは、少し違ったようです。

まあ、途中、修羅場が入ったということや、他の本に比べて厚いということもあるのですが、他の2冊に比べて、読むのにけっこう時間がかかったのは事実。

理由は、わかっています。
カプリコーンをはじめとする「悪者」たちの存在です。

「どろぼうの神さま」には、明確な悪者って、でてこなかった気がします。
「竜の騎士」には、金の君が出てきましたが、どこか、ユーモラスでした。しかも、悪いのは、個人で、部下は、イヤイヤしたがっている感じ。

でも、「魔法の声」の悪者たちは、本当に、悪い感じがするんですねぇ。
そして、その分、主人公たちのいたぶられ方が、いたいたしいんです。
わたしは、エリノアが、本を燃やされたところとかは、本当にきつくて読めなかったですよ。

多分、フンケにとって、こう感想を書かれることは、「成功」なのだと思います。
今までとは、違った「指輪物語」などにつながる、「嘘だけど本当の話」をつくりだしたかったんだと思います。
たしかに、何もかもに向けられる「悪意」というのは、あるのだと思います。

「魔法の声」は、続編が書かれているそうです。
どうか、魔法の声から生み出される物語が、しあわせな物語でありますようにと、祈っています。

コルネーリア・フンケ,Cornelia Funke,
浅見 昇吾
WAVE出版
発売日:2003-11
 


ずっとドキドキ

竜の騎士

「どろぼうの神さま」に続くフンケの2作目です。1

実は、本屋さんで目に入ったのは、「どろぼうの神さま」よりも、この「竜の騎士」の本の方が先なのです。
深く青い夜空の中を飛んでいるドラゴン。そして、ドラゴンの上にのる少年とネコ2
このフンケ自身が描いたカバーイラストにドキドキしてしまったのです。

けっこう同じ様な名前の物語ってけっこうあって、まあ、「竜」とかいう言葉に弱いのですが(笑)、これは、カバーイラストが最高に良かったです。

で、「どろぼうの神さま」を読んで予想以上のおもしろさということで、こちらの方にも進みました。

「竜の騎士」という題名です。
わたしのイメージでは、「ドラゴンランス」の子ども向けみたいな話なのかなぁというイメージです。3
異世界の戦争の中を、竜や、小人、伝説の動物と、異世界の人間たちが活躍するような話ですね。

1章を読んでビックリ。
なんとこれ、今のこの世界を舞台にしたファンタジーだったのです。
竜たちは、静かにかくれ里に暮らしています。でも、そこにも、人間たちの開発の波が押し寄せてきます。
竜たちのなかでも、年若いルングは、相棒のコボルとシュウェーフェルフェルと一緒に、世界中のどこかにあるという竜たちの楽園「空の果て」を探しす冒険の旅に出ます。

もう、1章読み始めた瞬間から、ずっーーと、ドキドキしっぱなしでした。

特に、わたしが気に入ったのは、ネズミの飛行機乗りにして、大冒険かのローラです。

「やっほーーーっ!」

と叫びながら、愛用の飛行機で悪竜ネッセルブランドの角のまわりをぐるぐると飛びまわるところは、子どもにもどったように大興奮しました4

キャラクター1人、1人が、ものすごく生き生きとしています。
おもしろさの質がちがうので、単純にどちらがおもしろいとはいえないのですが、「どろぼうの神さま」よりも、「竜の騎士」の方が、より小さい子に受け入れられやすいような生き生きとした話だと思います。

フンケ、超オススメです。
「魔法の声」も、読むのがすごい楽しみです。

コルネーリア・フンケ,Cornelia Funke
細井 直子
WAVE出版
発売日:2003-08
 

  1. 日本で出版された2作目ということで、ドイツでは「どろぼうの神さま」よりこちらが先に出版されたそうです []
  2. 実はコボルとであることが呼んで判明 []
  3. 「ドラゴンランス」も、子ども向けだろうという話もありますが…… []
  4. 「いつも、子どもみたい」とか言わないこと []

まだ、1/4にも達していない

楽園 追想の彼方へ Truth in Fantasy 22

ということで、1巻からこのシリーズを読んでいるわけですが、読むスピードよりも、刊行するスピードの方がはやいです。

うーむ。
欲望を満たしてくれる楽園よりも、のんびりとできる桃源郷みたいなところの方がいいなぁ。

と、ぐうたらなわたしは、思います。


あ・そ・ぼ in オリーブキッチン その2 怒られそう

ねことねずみの大レース

さて、妹ちゃんですが、向こうに行ってお姉ちゃんと、お母さんに、ネズミのコマを見せています。

「かわいいー」

という、(お母さんの)歓声があがったので、はなはだ気分がよろしいわたしです。

「どうやって、遊ぶの?」

「もともとは、スゴロクなんですよ」

ということ、食べ終わったお料理のお皿をのけて、ボードがおけるスペースをつくってくれました。

こ、ここですんのかい。ヾ(℃゜)々

いやまあ、わたしは気にしないんですけどね(笑)

ということで、わたしも、子どもたちの近くの席に。
「ねことねずみの大レース」のはじまりはじまり。
でも、お母さんは、大人の会話ですね。

さすが、2002年度子どもゲーム賞受賞作品。子どもたちの食いつきは、バッチリです。

それでは、ルールの説明をして、スタートです。

1回目は、いきなりお姉ちゃんが連続で「ネコ1」ばっかり振っていました。
これは、ものすごく速いネコの予感。

ということで、わたしは、大人の判断をして、小さいチーズを食べに行きます。いつものように、手加減という言葉は、あんまりない(笑)

4年生のお姉ちゃんは、なかなかさすがですねぇ。それを見て、自分なりに作戦を考えたようで、小さなチーズを集めます。
まあ、性格的に慎重派ということもあるのだと思います。

妹ちゃんの方の作戦は、一番後のネズミを動かしていくというもので、これもまぁ、作戦としてはわるくないですねぇ。

さて、最初4回ぐらい連続でお姉ちゃんが「ネコ1」を振ったのですが、なんと、それから、ピタッとネコが動かなくなっちゃったんですねぇ。

こうなると、小さいチーズを取ってたわたしや、お姉ちゃんは、いきなり不利に。
妹ちゃんは、独走状態で、ネズミの楽園に2ひきぐらいネズミを進めていました。
お姉ちゃんは、最初の「ネコ1」の連続が利いて、追いつくことができませんでした。
りんも、なんとか、2ぴきをネズミの楽園までつれていったのですが、1きれチーズを取ってたのがたたってしまって、数が追いつかず。

なんと、食べられたネズミは、0ひき。
うーむ。3~4人で遊ぶときは、ネズミを1ぴきずつ減らして遊ぶのですが、それはなくってもいいかなぁ。
ちょっとぐらい、食べられた方がおもしろいからなぁ。

「おもしろい。おもしろい」

ということで、お姉ちゃんも、負けたんですけど気に入ってくれたようで、もう1回。

今度は、ネコがちゃんと働いて(?)、みなさん、バクバク食べられまくっておりました。

うーむ。前回の怠慢を償おうとするようだ(笑)

ネズミを動かすときに、

「チューチューチュー」

と、自然に声が出ているのも、かわいらしいです。

それでも、なぜか、結果は、妹ちゃんの勝利でした。出目がいいなぁ。
お姉ちゃん、2位。
欲張った、りんは、3位でした。

「もう、1回やろう!」