梅田阿比,読書クジラの子らは砂上に歌う,ボニータ・コミックス,梅田 阿比,楽園,秋田書店

クジラの子らは砂上に歌う4

オリヴィニスとの会話って、アニメにあったっけ?覚えてないや。けっこう重要なシーンなのに。いや、サミが出てくるシーンはあった気がする。

今、読んでていて、実は悪霊って、オウニのことではなくて、シュアンのことではと思ったのだが……。もしかすると、両方のことかも。

大今良時,読書マルドゥック・スクランブル,冲方 丁,大今 良時,楽園,講談社,週刊少年マガジンコミックス

マルドゥック・スクランブル4

「楽園」という名前の牢獄。ウフコックの生まれた場所。
それでも、外よりは穏やかに過ごせていたのかもしれない。

外からの侵入者で、それがどんどん崩れていく。

主人公にとっては、再起なのだけれど、楽園の住民にとっては、災難そのもの。それでも、そこで、感謝をしたりする姿を見ると、みんな病んでるなぁと。

内藤泰弘,読書ジャンプ・コミックス,マンガ,内藤 泰弘,楽園,血界戦線,集英社

血界戦線4 拳客のエデン

血界というか、あっち側の住人は、クラウスですら圧倒するほどに違うということですねぇ。
そして、それでも、感性や心は、少し同じところもある。

その相容れないところと、共感できてしまうところの葛藤が、このマンガの魅力かも。

読書エンターブレイン,ゲーメスト,ファミ通クリアコミックス,僕らが格闘ゲームに夢中だった頃,押切 蓮介,楽園

僕らが格闘ゲームに夢中だった頃

うーん。
黄金時代。
ゲーメストのあった、あの時代というのは、やっぱり特別な時代だなぁと思います。

もう帰れない、楽園の記憶。

押切 蓮介は表紙だけで、ちょっと詐欺だと思った。

ますむら・ひろし,読書ますむら・ひろし,コスモス楽園記,扶桑社,扶桑社文庫,楽園

コスモス楽園記5

最終巻です。

ときどき、ヒキがある話があって、それがけっこうよかったなぁと思います。

ここが日本的かどうかは、微妙ですが。でも、ここに住みたいと感じさせられる楽園なのは確かです。