伊藤京介,安井ミイト,読書マガジンエッジコミックス,マンガ,中島 敦,伊藤 京介,安井 ミイト,文学,栞せんせい、もうヤメてっ!,清少納言,講談社

栞せんせい、もうヤメてっ!

文学、蘊蓄マンガ。
まあ、日本の文学って、私小説が多くて、作者の実際の姿と絡んでた上で、ドロドロしていてひどいので、相性としては悪くないです。
でもちょっと、パンチは弱いかな。
それがなんでかというと、網羅的になりすぎて、ディープさが足りてない気がします。

これで、中島 敦だけとか、清少納言だけで1冊とかなら、最高だと思いませんか?