杜康 潤一覧

蜜月旅行

孔明のヨメ。8

後半は、孔明とヨメちゃんの新婚旅行の巻。
といいながら、そんなにホノボノしたようなものではなくて、戦争に巻き込まれて、劉備軍でという感じになります。

劉備軍の徐庶への信頼が熱い。


ヨメも、時々大人っぽく

孔明のヨメ。7

徐庶が仕官したことで、大分、三国志らしくなってきたなぁと。
孔明が世に出るのは、まだ先の事みたいです。

でも、ヨメとのいろいろな出来事で、歴史上の(というか演義の?)孔明ができあがっていくの良いです。


戦わずして勝つ

江河の如く

孫子の兵法。
けっこう謎が多い人だったみたいです。

いっていることはものすごく正論。
だからこそ、時代が変わっても読まれ続けているのだろうと思います。

杜康 潤がかくと安定しておもしろい。


リア充孔明

孔明のヨメ。6

徐庶の仕官で1巻。
次の次の巻ぐらいで、孔明の仕官かな(笑)

このスピード好きなんだけれど、どこまでいけるかは心配です。孔明仕官ぐらいで終わっちゃう気もします。
まあ、後はいそがしいばっかりだしねぇ(今もか)


好きなら好きと言いまくり

孔明たずねて20000キロ 中国トツゲキ見聞録2

情報量過多で、ミッチリつまったこの本の中から、それでも、「書き足りない」という叫びが聞こえてくるような。
そんなエッセイマンガです。

前巻が、ただのプロローグに過ぎなかったということが良くわかる(笑)

これで、完結?
いや、欺されないぞ。