村上 豊一覧

鬼の研究

陰陽師 鉄輪

大好きな「鉄輪」。
実は、生成りの姫よりも好きな「鉄輪」。
と思って期待して読んだのですが、あれ、こんなに辛気くさいスピードだったっけ?

おかしいと思って、元本も見てみたけれど、変わってないですね。
今の精神状態と、うまくシンクロしなかったみたいです。

絵も好きなんだけどなぁ。なんでだろう?


絵本陰陽師

陰陽師 首

「瘤取り晴明」に続く、絵本陰陽師の第2弾です。

「瘤取り晴明」は、オールスターキャストの特別編という感じでしたが、今回は、普通の短編に絵をつけましたという感じです。
あぁでも、ちょっとは、ビジュアル重視なお話になっているのかな?

たしかに、村上 豊の絵は、なんとも、おかしみと、色気があって好きです。


鬼故にしみいる笛の音

陰陽師 瘤取り晴明

今、「こぶとりせいめい」と打ったら「小太り晴明」とでてきたので、ちょっとウケていました。

1冊1話なのですが、長編という感じではないです。絵がいっぱいある中編という感じ。でも、懐かしの登場人物たちがいろいろ出てきて、なんとなくサービス一杯な気がします。

話そのものは、瘤取りじいさん(=鬼と宴会)、晴明+博雅ということで、まあ、オチまですっかり読めてしまう部分はあるのですが、雰囲気を楽しむものなのかなぁと思います。