有楽 彰展一覧

最終巻は、爽やかに…

東京アンダーグラウンド14

最終巻です。

けっこう爽やかな終わり方だったかな。

でも、結局、ルリがでてきて、留美奈が元気に復活するのなら、華秦とそんなに変わらないのでは……という気もします。

まあ、彼みたいに暴走するのではなく、惚けるという選択の違いはあったのですが……。

本来は、自分を取り戻して1歩進み出たところで、ルリが帰ってくるという展開が正しい気がします。

東京アンダーグラウンド(14)

有楽 彰展 / スクウェア・エニックス(2005/06/22)



最後のレベル・アップ

東京アンダーグラウンド13

あと2巻です。
そして、この期におよんで、最後のレベル・アップに励んでいます。
けっこう、ノンビリした話だな。

しかし、この人たちが、唐突に出てきたのか、以前からいたのか、さっぱりわからないという……。

東京アンダーグラウンド(13)

有楽 彰展 / スクウェア・エニックス(2004/09/21)



もう、1回読み直したらおもしろいのかな?

東京アンダーグラウンド12

読む時期をはずしてしまった物語なのかなぁと……。

もう1回、1から読み出したら、おもしろいかな?

東京アンダーグラウンド(12)

有楽 彰展 / スクウェア・エニックス(2004/03/22)



ラストに向けて収束していく?

東京アンダーグラウンド11

1度バラバラになった人と物語が、また収束していく感じがいいです。

問題は、わたしが、この登場人物の立ち位置をすっかり忘れていることだけで……。
えぇ、そうですとも。わたしの所為です(泣)

東京アンダーグラウンド(11) (ガンガンコミックス)

有楽 彰展



何年ぶりに……

東京アンダーグラウンド10

えーと、なんとか、本の整理が終了しそうです。

引っ越してから1年以上。実家の本を今住んでいるゲームハウスに持ち込んで3カ月ほど。
永遠に終わらないかと思っていましたが、いつか終わりがくるものです。

で、今まで取り出しにくかった本や、巻数を確認できなかった本が、ちゃんと見られるようになりました。

「東京アンダーグラウンド」も、そんな今までうもれていたコミックの1つです。
少なくとも、3年ぶりぐらいに続きを読むはず……。

内容、かなり忘れています……。

ルリを救え。
で、アンダーグラウンドに突入。
スラム崩壊。
みんなバラバラに。

てな展開であっているのかな?

まあ、次巻を読むのは、これほど間を空けずに。