最終戦争一覧

天使なんかじゃない

神聖都市伝説 最終戦争シリーズ12

九月の地平線

美人大車に、長髪の永都。
この長髪が原因で、後で真砂流さんが犠牲に。

わたしは、秋田書店版の順番で物語を読んだので、永都を初めて見たときは、すでに長髪だったんですよ。でも、こうやってみると、だんだん髪の毛が長くなっていく様子や、大車が美女に成長していく様子がわかって楽しいです。

海に帰れ

「九月の地平線」、「海に帰れ」、「風の笛」が、わたしの中では、同じ話なんですよ。
大車がすねて危機に陥り、永都がちょっとキレながら助けに来る。

ものすごく物語を動かしたいのに、動かすことができない状況でかかれたのかなぁという感じです。
好きな話なのですが、ちょっと物足りないものを感じます。それでも、かきつづけるということが大切なのかもしれません。

神聖都市伝説

ジェッツ・コミックスで出てました。
これは、秋田版の後に読んでいるはずです。

なんせ、秋田版のソマの王は、覚醒してからはずっと、ほぼ瞑想していたり、サイコフライトしていたりで、あんまり動いているところを知らない。
で、これを読んで、「おぉ、ソマの王強い」と思った記憶があります。

なんか、本気出せば一気に勝てそうな感じもあるのですが、まあ、この人目覚めて、ずっとこの調子で暴れたら、世界や、精霊たちに迷惑かかりすぎだしなぁ。どうも、そのせいで、後で精霊の反発をくらって世界が滅びたのではないかとか思っています。
そして、「花咲く帝王の樹々」の世界に繋がっていく?

風の笛

ジャッカルとかは、その後、活躍していますが、笛吹きはいつか回収されるのでしょうか?
というか、けっこう人が多くなりすぎな感じもありますねぇ。

イリラさんですら、活躍の場がけっこうないからなぁ。たしか、まだこの人、花嫁になってないよね。
でも、そうやってばらまいておいたものが、後々、活きてくるのかも。

双龍

これ好き。
意外な人が、けっこう意外な役をしていて笑います。

風の智天使

これ、すごく好きなんですが、今にして思えば、「ドン伝」よりも先にこれを読んだというのは、けっこう不幸だったかもしれないとも思います。
因縁のキャラがいても、わからないですからねぇ。
後で読み返して、

「あぁ、ナガルコットって……」

とか思いました。

あと、笑さんが消えた後、突然、

「おれは真砂流だ」

のシーンになって、ここもかなり唐突に感じたのです。
まあ、後で「ドン伝」を読んで納得して、おぉ、なんて複雑な構造を持つお話だと思ったりしていたのですが、実はけっこう直線だったという(笑)

まぁ、旧作を出しながら、連載中の新作も出していきたいという秋田書店の思惑もあったのだと思います。

落ち着いていると思っていた唯がけっこう乱暴者ですよねぇ。

風々ちゃんの昼休み

こういう小さい話好きです。
風々かわいいです。

そういえば、最初、風々と大車が出会う話も、感じとしては「九月の地平線」と同じ様な感じだった気が。大車、いっつも、さびしいな。


うさぎ・美味し・かの山

がんばれうさぎ

テーマは、うさぎ。
まあ、うさぎといっても、山田 ミネコのうさぎなので、四次元のうさぎです(笑)そして、うさぎであるというだけで、それぞれのうさぎになにか関係があるわけでもない。
内容も雑多で、「霊界トラブルシューター」もあれば、「最終戦争」というか「パトロールシリーズ」もあり、「パトロール伝説」もありみたいな感じです。

楽しい。マンガ版だけでなく、こういうのも全部集めた全集が出て欲しいです。

がんばれうさぎ

山田 ミネコ

あとりえだば
http://daba.cart.fc2.com/


ソマの王の目覚め

敦煌 最終戦争シリーズ11

敦煌

タオが復活して、真砂流の救出へ。
このあたり読んでいると、いかに星野に負担とプレッシャーがかかっているかがよくわかります。昔読んだときは、そんなことは全然感じなかった気がしますが。

なんかねぇ、ナリスが死んだ後のヴァレリウスを思い出して、かわいそうに思うんですよ。自分のやりたいことは明確にあるのに、責任感のためにそれをすることができない。大人な人なんですよねぇ。

開放都市

「最終戦争伝説」の連載最後の作品。ここで、掲載誌がなくなって……。その話、なんかパトロールシリーズの時も聞いたような気がします。

星野が思いっきり永都を殴るじゃないですか。あのシーン、昔は意味がわからなかったんですよ。
でも、今読むと、ちゃんとわかりやすいように、その前に笑さんと星野のシーンが入っていて、だからこそ、笑さんを守れない星野の歯がゆさみたいなものも入っているのがとても良くわかります。

そして、この頃からずっと、今に至るまで、自分の後継者を探していることも。もう、自分は荒野に行きたくて行きたくてしかたないんですよねぇ。

そして、ここで物語を終わらせられた読者は、悲鳴をあげたことと思います。

孔雀天使城

ちゃんと、それでもコミックスのかきおろしで、なんとか決着をつけてくれるところが、山田 ミネコの偉いところだと思います。
ソマの王の目覚めまで。

唐突な感じは否めないけれど、それは端折ったエピソードもあったみたいなので、しかたないです。

これでちょっと強くなりすぎて、永都の活躍の場が減ってしまった感じもします。だから、小角が呼ばれたような流れですね。


逢魔が時、逢魔が場所

逢魔街道 最終戦争シリーズ10

逢魔街道編

魔物の仲間が増えていくから「逢魔街道編」と思っていたのですが、けっこう、そうでもないかな。2話に1人(1ぴき?)ぐらいのペースですねぇ。
風々、鯤、そして、風のラシャ王の話があるぐらい。
魔物たちが出てこない話は、人間の中の魔物のお話という感じです。

羅苦叉鬼の峰

妖魔になって行ってしまった女の子への思いをかく最終戦争シリーズではおなじみのパターンの物語です。
強くて儚い、山田 ミネコの女の子が好きです。

マヤの青

ネムの出自がかかれる物語。
じゃあ、この時代から、永都に出会う現代、そして、最終戦争後の未来まで、ずっとこの子は生き続けたのですね。すごくそれは残酷なことのような気がします。

元は、カラーだったのかなぁ。濃い絵です。カラーで読みたい。

恐竜靴店

いつか王子様が。
それで、いいのだ。

それを思いっきり言い切れるのなら、きっと、それでいいのだ。


優しい妖魔

黄泉の向こう岸 最終戦争シリーズ9

黄泉の向こう岸

死んだ後の話だから、「黄泉の向こう岸」。
この題名のセンスは、やっぱり凄いと思います。この巻には、もう1つ、山田 ミネコ天才と思わせる題名がありますが。

これが、ラスボス黄泉の王の初登場かな。そして、多分これが、峡たちスリープウォーカーが海王星で発見した邪悪なものの正体。凄いそうだいな伏線だなぁとつくづく感心します。
話自体も壮大で、この1話で、2000年以上の時間がたっていて、そして、合歓はずっと生き続けている。

もしここで、永都が死ぬことなく目覚めたら、未来は大分人間有利になっていたのかなぁとか考えるとおもしろいです。

誰かが街を見ている

タオ&七海のロボット組が合流。
七海はこの後、けっこう活躍の場はあるけれど、タオの方は可哀想な感じ。ましてや、御薗さんは……。

七時の鐘

けっこう便利だった西の22の最後です。
鐘が鳴りながら、西の22が沈んで行くところは、けっこう好きです。このシーンがあって、この話が出来たのかなぁと感じさせられます。

そして、「最終戦争」のセオと凍河のその後が語られます。

木は花の天使のオレンジ

この題名が、最終戦争シリーズのなかでも、特別に好きです。
ものすごい意味わかんない凄い題名。しかも、オレンジのにおいって出てくるのだけど、それも実はキンモクセイのにおいのことで、そこも意味分かんなくてでも好きです。

唯の子ども時代の話で、目が大きくて可愛いです。

そして、しっかりと「西の22」につながっているというのにわたしが気づくのは、何度も読み返した後でした。

ベルテーンの魔女

妖魔ととりつかれた人間の意識がどうなっているかというのは、けっこう、謎が多い部分です。
笑さんや、春車は、完全に人間の意識の方が勝っている感じです。グリンダの場合は、意識が完全に分かれている感じがします。そして、唱の場合は?ハヌマンに好意を持っているのは、妖魔の方の唱のような感じもします。まあ、混ざっている感じもありますが。

緑の丘の白い家

基本、妖魔の人格の名前と人間の人格の名前が同じだから、混乱が起きるんですよねぇ。
この話みたいに、名前も違っていたら、わかりやすい。

ただ、あまりにも長い時間、同じ体の中ですごしていると、だんだん、混ざってわからなくなっていくのかもしれません。

夢のかけら 記憶の海

最初読んだとき、けっこう、オチがない感じで、なんじゃこりゃと思ったのです。
でも、多分、その夢みたいなイメージこそが、唯が大事にしている曖昧模糊とした記憶そのものなんだろうなぁと思うと、切ない。

そして、段々とわたし自身の自分の記憶も、そんな感じになってきているのに気づいて、さらに切ないです。