時の地平線一覧

2ひきの龍

時の地平線13 諸葛孔明

2ひきの龍は、まるで、たがみ よしひさが「滅日」で描いた滅日の様です。
ただ、あれをあんな風に処理しちゃうのは、諏訪 緑ならではですねぇ。

子竜が、なかなかの見せ場です。後の馬超もいい感じだ。なんもしないで突っ立ってただけだけど(笑)

「蒼天航路」の劉備と孔明の関係も、この「時の地平線」の劉備と孔明の関係も、なんとなくかきかたは全然ちがうのですが、同じようなことを表現しているなあと思います。

関羽が死んだら、三国志も後半戦。
でも、これは、孔明が主人公だから、もうちょっと先まで続くかな。


関羽死す

時の地平線12 諸葛孔明

英さんが、けっこうちゃんと孔明のことを意識していて、かわいらしいです。

そして、関羽死す。
えっ、展開、はや。

ところで、「曹操軍の軍師孔明」って、なによ!!!
あかんやろう、これは。


三国志で終わり、三国志で始まる

破龍1 三国志烈伝

2006年度最初の本の感想は、三国志です。
といっても、それほど真面目なものではないです。

うーん、英さんのイメージが、「時の地平線」とほとんどいっしょでした。
このイメージ好きです。


仲達、野望低!

時の地平線11 諸葛孔明

軍師は、みんなわりと淡泊な性格です。
仲達の野望、低すぎ。

でも、いい人だ。
そして、いい人な軍師って、ダメそうだ(笑)


うーむ。馬超

時の地平線10 諸葛孔明

めだつ武将は、超雲と馬超ということで、若い人たちだけというすごい三国志だ。

陸遜の書き方も、けっこう新しいというか、わたしは知らない書き方です。