日本文芸社一覧

奇跡のラストへ

激マン!6

「激マン」、デビルマン編、奇跡のラストへ。
何回見ても、いいわぁ。

この後、「激マン」の続きはかかれていないようだけれど、ハレンチ学園編は、読みたいよねぇ。


どげざえもん

どげせん1

いろいろあったと噂がながれてきていた「どげせん」です。
まぁ、もう勝負はついちゃってるみたいですけどね。
そして、なんで今更読んでんだとか思いますが、基本、世間の流れからは取り残されています。

1巻目は、わりと好きです。
まあでも、板垣 恵介の圧倒的なのを見せられると、これはしんどくなるけどね。


デビルマンも山場

激マン!5

半分以上デビルマンですが、おもしろいからいいや。

で、新しいデビルマン見ましたが、別にこれの原稿が使われているわけではなさそうですね。
えー、残念。こっちの絵の方が巧いのに。

まぁ、昔の絵も、異様な迫力があるんですけどね。

しかし、本当に「デビルマンの章」以外の章も、読みたいよねぇ。


仕事をきっちりこなす

の・ぞ・く保健教師1

最近、劇画よりになっていたと思っていた絵が、昔の絵柄に戻ってる?

ストーリーは、こんなだし、いい加減に思われがちかもしれないけれど、もしかすると、この人、ものすごくストイックな職人さんなのかもしれないと思ったりします。


改訂版

激マン!4

まあ果たして、「激マン」が面白いのか、「デビルマン」が面白いのかは、微妙なのですが、それは、このマンガの中で分けて考えることは出来ない要素なのです(断言)。

そして、この今のクオリティの絵とつけ足したエピソードで、デビルマンのリメイクすればいいのにと思っていましたが、本当にそんな改訂版「デビルマン」が、出るみたいですね。

後半のデビルマンの異様な密度は、打ち切りという緊張感からきていたようです。たぶん、これは、作品にプラスに働いている気がします。

この調子で、このマンガで振り返った作品、全部、改訂して出したら面白いのに……。とおもいつつ、「デビルマンの章」も、佳境です。そして、次の章がちゃんとあるのかも、気になるます。この、永井 豪版、男の星座。