恩田 陸一覧

2007年のSF

虚構機関 年刊日本SF傑作選

今の日本のSFを読もうということで…。
まあ、2007年なんですけどね。もう、5年前ですね。

えーと、恩田 陸、山本 弘、萩尾 望都以外は、まったく知りません。
恩田 陸も、ほとんど知らないといってもいいかな。

どっちかというと、キャラクターで物語を読んでいく方なので、短編はもともと向いてないです。わたし。
ということで、萩尾 望都が1番わかりやすくて、1番おもしろかったです。

福永 信とかは、なにがおもしろいのかさっぱりわかりません。今風のSFを読みとる能力は、わたしにはないかも……。

大森 望,日下 三蔵,
小川 一水,山本 弘,田中 哲弥,北國 浩二,円城 塔,中原 昌也,岸本 佐知子,恩田 陸,堀 晃,かんべ むさし,萩尾 望都,福永 信,八杉 将司,平谷 美樹,林 譲治,伊藤 計劃
東京創元社
発売日 : 2008-12

ワクワクのかたち

読書会

本好きが、本についてダベっているだけの本です(笑)
わたしは、山田 正紀は、もうちょっと分析的な人だと思っていたので、ちょっと韜晦しすぎだろうと思いました。

でも、仲間とこうやって、好きな本のことを話すのは、楽しそうだ。

小松 左京は、わたしの視野の中にはいってなかったので、読んでみたくなってきました。

あと、常野物語も、挑戦してみよう。

山田 正紀,恩田 陸
徳間書店
発売日:2007-01
 


それで、いったいどうなったの?

劫尽童女

最近、けっこうに気になっていた恩田 陸を読んでみました。

最近……といいつつ、「六番目の小夜子」とかは、気になっていました。多分、栗山 千明がらみで気になっていたのかも。でもだからといって、テレビドラマを見るわけでもなく、原作を読むわけでもなく、今までなんとなく縁のなかった作家さんです。

この本は、今になって思い出してみるに、なんかハードカバーのときから気になっていたのだと思います。

なんか、題名から、「新興宗教の教祖に祭り上げられた少女が……」みたいな話を勝手に想像していましたが、全然、違っていました。

外薗 昌也が解説かいてますけれども、外薗 昌也というよりは、吉田 秋生の「YASHA」とか「イブの眠り」を思い浮かべました。お互いしか理解し合うことができない孤独を持った双子とか。

そういう意味では、マンガ的で、楽しく読むことが出来ました。

けっこう、

「おぉ、そうきたか!」

というのも、あって飽きささない感じです。

ただ、もう一歩のところで微妙。特にラストとか……。ということで、これからも恩田 陸を読み続けるかは、微妙です。