志水 アキ一覧

次に目覚めし時は

夜刀の神つかい9

新年、あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。

さて、きのう、7年ぶりに続きを読んだとか書いていましたが、これなんか、なんと15年ぶりですよ。いつになったら最終巻にたどり着くんでしょうねぇ。まあでも、去年は、「DRAW」も、「低俗霊狩り」も最後まで読めたので、まだ、諦めてはいけない(笑)

菊璃が、怖くて美しくて、志水 アキの絵いいなぁと思いながら、奥瀬 サキの絵でも読んで見たい1冊です。


箱の中のなにか

雛接村

ホラーな志水 アキ。
ちょっと、クトゥルーっぽいかな。

霧子が救われたのが、霧子の美しさ故だとしたら、母は正しかったことになったりするというところも、ちょっとホラー。


にゃんこだ、にゃんこ

百器徒然袋 五徳猫 薔薇十字探偵の慨然

薔薇十字探偵シリーズ、第4弾。

それでも、英恵は、けっこうお母さんに良くしてくれたんだよという話に、ちょっとホロッとしたりする。
なんか、お母さんがヤバい状況になって、英恵が思わずかばうシーンとかもあれば、さらに良い感じなのになぁと思います。

わたし、本を読むときって大概、カバーを外して読んでいます。
ねぇさんが、それを見て、

「なんで、こんな地味な人が表紙なの?」

と。

えっ、表紙。榎さんでは……。とよく見てびっくり。
確かになんで、この刑事さんなんだろう。活躍もあんまりしていないのですが……。
と思ったら……。

今、カバーをしたら……。
これまでのカバー下の表紙も見てみよう。


最強伝説

百器徒然袋 山颪 薔薇十字探偵の憤慨

薔薇十字探偵シリーズ、第3弾。
おもしろいけど、京極堂シリーズほどのすごみは感じないです。まぁ、マンガも1巻完結ですし軽い感じがします。

榎津さんが、あまりにも強すぎるというのもあると思います。

「悪い」と「真面目」の同居が、いい味をだしています。

山嵐(やまあらし)ではなくて、山颪(やまおろし)だということには、今、気づきました。


相貌失認

狂骨の夢5

文覺長者の結末が、びっくりというか、いかにもなところです。
バシッって決まって、好きだけど。

お前、さっきまでしゃべっていたやろう。京極堂、いつ気づいたんだ!!みたいな。

実は、わたしも相貌失認の気がちょっとあります。
人は、だいたい雰囲気と場所で覚えるので、シチュエーションが違うところであうと、びっくりするほど誰かわからないです。
きらいな訳ではないのですが。

朱美さんが、いい女過ぎて怖いぐらいですねぇ。

でも、好きなのは「魍魎の匣」なんです。