弓月 光一覧

パターン組み合わせ

甘い生活 2nd season 8

育児の天才が来て、そして、次は問題解決。
うーん、いくつかのパターンを上手くやりくりしてお話をまわしている感じはするのですが、それで充分飽きないし面白いからなぁ。

「瞬きのソーニャ」とかよりも、かきやすいそうです。


料理の天才

甘い生活 2nd season 7

天才の元には、天才が集まる。
しかし、次から次へといろいろな天才をよく考えるなぁと。
ずっと連載しながら次々に考えていると思うと、凄いなぁと思います。弓月 光も、天才だわ。


規制緩和

甘い生活 2nd season 6

長期の連載で、デリケートな問題を扱っている(?)ので、時代時代や掲載される媒体の違いによってちょっとずつ表現の仕方が変わっているのがわかります。
集英社は、特にそのあたりはうるさそう。でも、弓月 光は、そつなくこなしている感じがしますよねぇ。昔のハレンチ大戦争みたいな気概はないなぁ、きっと。

最近は、ちょっと規制はゆるくなっている感じですね。


懐かしい顔

甘い生活 2nd season 5

結局、「2nd season」というのは、掲載誌が変わって、コミックスのレーベルがちょっとだけ変わったよというだけの話で、作者自身は、そんな事微塵も感じていないという。
今まで読んでなかったら、まったく訳がわからない人たちのオンパレードです。

まあ、巻数が多くなると、新規で入ってくる読者が少なくなるというのもあるかもしれませんが。特に、こういう続き物の場合は。

今回のテーマは、お尻のようです。


オーガ

瞬きのソーニャ2

範馬 勇次郎がおる。

とか思っていますが、印象としては、「YASHA」もかぶる。
あっちより、ファンタジーな部分もあるのだけども、直接手を汚さないといけない部分がたくさんあって(というかそれが日常で)、ちょっと可哀想です。

人間を越えてしまった子どもがそれでも人間性を失わないでいるというのは、かなり難しいと思います。
多分、脳の作り自体もわたしたちとは違うし、なにかを判断するときに考慮に入れるデータの量も桁違いなはず。
それでも、人として生きていくことはできるのか?

ある意味で、この子を教育したザルツヴァルトがプロでありながら人間性を失わないというものすごいファンタジーにな人なのかもと思います。

さて、子ども時代は終わって、自由に放たれた彼女がどう生きていくのか。
楽しみです。