幻仔譚じゃのめ一覧

泥クジラの上で

クジラの子らは砂上に歌う1

本屋で見て、気になっていたんです。あらすじ読んでも、けっこう面白そう。
で、アニメ化していたのを見て、おもしろかったので読んでます。

アニメは、1期目が終わったところ。続きはあるかな。「宝石の国」とか、「アルスラーン戦記」とか、「7SEEDS」とかも、アニメの続きを待っているのですが。
まあ、アニメで続きがなくても、続きが知りたいと思うぐらいおもしろくってコミックス版に手を出しました。丁度、Kindleで安売りしていたというのもありますが。

登場人物が、いい感じにみんな魅力的です。
まあでも、けっこうバンバン人が死んでいきます。透明な絵ですが、話は結構残酷で、ひどい。

……。
今気づいた。梅田 阿比って、この絵、「幻仔譚じゃのめ」の人ではないか。


鮮やかな街で

幻仔譚じゃのめ7

これで、完結です。

結局、大きな流れのお話は無かったけど、結構、納得のラストでした。よかった。
この街が、ずっと日本のどこかにあり続けるとうれしいな。

そんな感じのラストです。


寄り道しながら

幻仔譚じゃのめ6

読みきり形式のストーリーマンガということで、盛り上がり的には、イマイチな部分もあるのですが、いろんなバリエーションのお話が読めて、この物語には、この形が正解のような気がします。

あと、1巻。
あんまり盛り上がる展開には、ならなさそうな感じが……。


人情短編

幻仔譚じゃのめ5

緋謳のお話終了。
そして、短編がいくつか。実は、こういう、短編の方が、おもしろい気がする。

しかし、そうすると、メインストーリーは、全然進まなくなってしまうのね。
あと、2巻で終了ということは、メインストーリーをぐいぐい進めて終了するのか、メインはふれられないまま終了するのか?
どっちにしても、けっこう尻切れトンボかも……。


妖艶?

幻仔譚じゃのめ4

ペロペロなめるところが、妖艶なのか?
あんまり、色気はあいかわらず感じないです。子犬みたいな感じ。

人情話とバトルの間を、丁度いいかんじに動いています。