平井和正,読書アダルト・ウルフガイ・シリーズ,ウルフガイ,スパイダーマン,人狼,人狼、暁に死す,地底の狼男,平井 和正,狼のバラード,狼よ、故郷を見よ,狼男だよ

狼男のバラードだよ アダルト・ウルフガイシリーズ2

消えたので、書き直し感想です。

通勤時間が長いので、けっこう捗っているKindle読書です。書いた感想が、消えてしまったために、感想も貯まっている貯まってる。
そして、まあ、いつも書いているけど、覚えてないねぇ。

最初の「地底の狼男」は、「狼男だよ」のラストが、地底生き埋めで終わるので、てっきりそれの直接続きかと思っていたぐらい覚えていなかったです。

そして、「狼よ、故郷を見よ」と「人狼、暁に死す」。あれ、「狼よ、故郷を見よ」って、こんなに最初の方の巻にくる話だったっけ?

「狼よ、故郷を見よ」は、嫁の印象が、まったく残っていないです。
うーん、あの頃の好みでは、きっとなかったんだと思います。

「人狼、暁に死す」は、傑作なので(そして、スパイダーマンでも読んだので)、さすがに「人狼、暁に死す」のストーリーは覚えていたのですが、ラストのお姉さんが、あんなことになってしまうのは、まったく覚えいなかった。というか、わたしの中では、あのお姉さんは、清純派の聖女みたいなイメージしか残っていなかったんですけれど。
多分、若い頃は、人に尽くす綺麗さと、狡いところの両面あるキャラクターって、つかみ切れていなかったんだなぁと思いました。

平井和正,読書アダルト・ウルフガイ・シリーズ,ウルフガイ,エロス,シャーロック,シャーロック・ホームズ,人狼,天使,平井 和正,幻魔大戦,犬神

狼男だよ アダルト・ウルフガイシリーズ1

消えたので、書き直し感想です。消えた感想は、けっこうな熱量で書いていた記憶があるので、ちょっと辛い。

えーと、Kindleで購入して、アレクサアプリに読んでもらった1番最初の本のような気がします。

懐かしいアダルト・ウルフガイ・シリーズ。すごく面白いと思うし、すごく好き。
ただ、わたしとしては、残念なことは、角川文庫版で読み出していて、1番最初に読んだ話が「人狼戦線」だったことです。

文庫化シリーズものの「あるある」だと思うのですが、角川文庫でアダルト・ウルフガイ・シリーズが文庫展開されるに当たって、多分、新しい読者も古い読者も取り込みたいということで、最初に出たのが当時、最新刊の「人狼戦線」だったのです。その後、「狼男」だよとかが、出版順に出された。
でも、この「人狼戦線」が、アダルト・ウルフガイ・シリーズの番外編的ななにかだとよかったのですが……。なんと、めちゃくちゃ今までのお話を踏まえたお話で、しかも、シリーズ全体のターニングポイントだったという。

多分、読んだときは、これが執筆順的に後ろだということは知っていました。そして、その頃には、アダルト・ウルフガイ・シリーズの角川文庫版は、かなり多分、「人狼白書」ぐらいまでは出てたんですよ。でも、あらすじを読んだり、本の様子を外から眺めていると、まあ、シリーズといっても、登場人物が同じぐらいのいってみたら、シャーロック・ホームズみたいな感じのどこから読んでも大丈夫なシリーズじゃないかと思ってしまったんですよ。「幻魔大戦」は、がんがんの続き物の話でしたが、あれは、「幻魔大戦」という題の下に巻数と副題がついていて、まあ、がんがんの続き物だとわかる。でも、こっちは、「アダルト・ウルフガイ・シリーズ」と小さくシリーズ名はかいてあっても、題名は「狼男だよ」とか、「人狼戦線」ですから。しかも、角川文庫版は、シリーズに巻数すらうってない形でした。

まあ、その前にヤングの方の「ウルフガイ・シリーズ」を読んでいて、それも、「狼の紋章」、「狼の怨歌」、「狼のレクイエム」と、けっこう続き物な話だったので、平井 和正のシリーズかどういうものか、気づきそうな物なのですが、あれも、「紋章」と「怨歌」では、けっこう感じが違っていたからなぁ。続けて読まないと、訳わからないのは確かだけれど。

まあ、それで、「人狼戦線」なのですが、不死身の狼男が、今までと違って、不死身じゃ亡くなっちゃうという話でして、今までの不死身さをしらんのに、これを読まされると「??」となってしまうのですよ。

で、その後、「狼男だよ」を読んだわけですが、これが、あの脳天気な時代の犬神 明かぁと思っても、もう、先をしっているから、ちょっと弱っている犬神 明の記憶が、チラチラしてしまって、充分に楽しめているのかどうかわからないところがあったのです。

まあ、それから多分30年以上経って、ほどよく忘れた今の再読です。

さて感想ですが、傑作です。というか、時代は感じるんだけれども、今でもものすごく充分に面白いです。まあ、ラノベの元ですからねぇ。今の時代の方がしっくりくるかもしれない。
それから、エロスとバイオレンスですが、読んだ当時は、実は、そんなに感じなかったのですが、今回は、アレクサに音読させているということもあるかもしれませんが、エッチだと感じました。また、人生経験をつんだせいか、言葉で表現された痛みも、以前読んだときよりも、いたく感じました。

まあ、ほどよく忘れているといっても、「人狼戦線」の記憶はチラチラするのですが、なんというか、時間をあけているせすで、あぁ、犬神 明、お前って、そういうヤツだったよなぁ、元々、けっこう変わってないジャンとか、懐かしい知り合いに会った感じがしました。

と、これを書いている今、もう「人狼戦線」も読み終えて(聞き終えて)、「人狼白書」も終わって、いよいよ、「人狼天使」の3部作に入ります。「人狼白書」からあとは、未知の領域だったので、楽しみです。

ほぼ日刊イトイ新聞ほぼ日刊イトイ新聞,アダルト・ウルフガイ・シリーズ,ウルフガイ,スプラトゥーン,スプラトゥーン2,岩田 聡,岩田さん,平井 和正

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。

わが家も、いよいよ、スマートスピーカーを導入しました。
まあ、まだまだ不十分なところもあるのですが、それなりに便利で楽しいです。

で、いろいろ試しています。最近のお気に入りは、Kindleで購入した本を読んでもらうことです。
これは、なんと、スマホのアレクサアプリで再生できます。で、車の中で、それをずっと聞いています。

まあ、字を読むことが好きなので、風呂入っているときまで、たいがい字を読んで過ごしています(もっとも最近は、目が見えなくなってきて、昔に比べると読む字は少なくなっています)が、車の運転中は無理でした。
でも、アレクサにお願いすれば、車の中でも本が読めるというか、読んでもらえる。

今まで、車でのなかでは、ポッドキャストをスマホにおとして聞いていたのですが、好きなポッドキャストって限られていて、車に乗る時間の方がどうしても長い。でも、これなら、ほぼ、永遠に聞き続けられるのではないかと思います。

まあなら、オーディオブックというのもあるんですけど、どうしても、活字が自分の手元にもないと、イヤなんですよねぇ。
まあでも、棒読みだし、時々漢字とかは、デタラメに読んで、想像力で直さなければなりませんが。それでも、「ゆっくり実況」よりは、聞きやすいし、意味わかります。

ということで、最初は、平井 和正の「アダルト・ウルフガイ・シリーズ」を読んでもらっていました。でも、これ声に出して読むと、けっこう生々しいな(笑)ねぇさん、一緒に載っている時に、聞くもんではなかったです。
文字で読む分には、全然、抵抗ないんですけどね。これは、1人の時に聞いた方がいい(笑)←ちなみにこれは、「かっこわらい」と読んでくれます。
まあ、棒読みなので、小説よりは、実用書系のものの方が相性がいいかなぁということで、以前から、読みたかった「岩田さん」をチョイス。車の中で聞きました。

ただし、時々、読めないページがあるみたいで、例えばこの本だと、「岩田さんのことばのかけら」として、詩みたいに書かれているところがあるのですが、そのあたりは、止まっていました。あと、続きを読んで欲しいときに、ちょっと手前から読み出します。なんでかは、わかんないですが。

岩田さん。
任天堂っ子なら、みんな知っている、あの伝説の岩田 聡さんです。
これは、その岩田さんの言葉を集めたもので、なんていうか、伝説の詳細を知りたいと思うと、ちょっともの足りないかな。わたしは、

「あぁ、もうちょっと、その『MOTHER2』のくだり詳しく」

とか思ってしまいます。1

それでも、どうしてWiiが、ああいう形になったのか。また、直接話されたわけではないのですが、なぜ、「スプラトゥーン2」が、スイッチが、ああいう形になったのかが、なんとなく伝わってきて、ものすごくおもしろかったです。

人柄がにじみ出ているなぁ。
天才が来て、1人で、バババッとすごいものをつくったのではなくて、その天才が、一人一人のしてきたことを大切にしながら、すごいものを作り上げてきたというのが、ものすごく伝わります。

まあ、亡き人を追悼する本(?)なので、ちょっと、聖人君子すぎるかなぁとも思ったりしますが、基本、ニコニコとした人だったんだろうなぁ。

  1. まあ、「MOTHER」も、「MOTHER2」も、やってないんですけどね。 []

平井和正,読書,NNマンガ,平井 和正,幻魔大戦,NN

extra幻魔大戦

「幻魔大戦」の1番地味なところであり、1番楽しいところでもある「GENKEN」が発足して大きくなっていくエピソード。
なぜ、ここをマンガにしようと思った?見せ場多いところは、もっと他にあるとおもうのですが。

そして、原作1~3巻の部分はすっとばしているので、初見の人には難しいマンガになっていると思います。

絵柄がなぁ。もうちょっと、東 丈がかっこよくてもいいのにと思ってしまいます。

平井和正,読書地球樹の女神,平井 和正

地球樹の女神7 最終版

前半、五鈴先生の話で、後半、後藤 由紀子と四騎 忍の話。あれ、依って、誰だっけ状態(笑)
後半は、一気に読みました。でっかいipad、読みやすい。重いけど。

読み始めると、入り込んで読めちゃうのですが、なかなか、そういう集中する時間がとれないなぁと。

なんか、平凡を求めながらそれが赦されないというなかなか悲しい話です。