川原正敏,読書,飛永宏之ふでかげ,修羅の門,修羅の門異伝,川原 正敏,講談社,講談社コミックス,飛永 宏之

ふでかげ5 修羅の門異伝

サッカーが一旦終わって、格闘マンガに。
そして、格闘マンガの運びは、うまいねぇ。どっちにも花持たせるというのが、フラストレーションはたまるけど、うまいわ。

1回負けたら終わり。次の試合ぐらいが、山場なのかな。

川原正敏,読書修羅の刻,修羅の門,川原 正敏,講談社,講談社コミックス,陸奥圓明流外伝

修羅の刻17 陸奥圓明流外伝

消えたので、書き直しです。

綺麗に「修羅の門」に続く。多分、年代的な意味では、「修羅の刻」の一番最後のお話。
静流さんは、現が勝ったと思っているんだと。その真意は、わからない。どこまでいってもわからないけれど……。

なかなか、シビれた。
良い、青春の物語。

川原正敏,読書修羅の刻,修羅の門,川原 正敏,歴史,講談社,講談社コミックス,陸奥圓明流外伝

修羅の刻16 陸奥圓明流外伝

消えたので、書き直しです。

歴史とからむ修羅の刻ですが、今回は、それほど有名人は出てこない。
「修羅の門」のケンシン・マエダと山田さんの青春篇。

これ、なんかおもしろいです。

不破になれなかった男と陸奥になれなかった女。
でも、この2人の結びつきが、後に最強を生み出す。

川原正敏,読書,飛永宏之ふでかげ,修羅の門,修羅の門異伝,川原 正敏,講談社,講談社コミックス,飛永 宏之

ふでかげ4 修羅の門異伝

試合をしながら強くなっていく。
そのために、いろいろ試していく。

それは、言うほど簡単なことではないです。

川原正敏,読書,飛永宏之ふでかげ,マンガ,修羅の門,修羅の門異伝,川原 正敏,講談社,講談社コミックス,飛永 宏之

ふでかげ3 修羅の門異伝

せっかく書いた3巻の感想が飛んでしまっていたので、もう1度書きます。読んでいた方には、繰り返しになるかもしれませんし、全然、前と違うことを言っているかもしれませんが、お許しくださいませ。そして、しばらく、こんなんが続きます。
ここで、自分のツィッターで、更新情報をだしていて、それに書き出しが書いてあるの気づきました。それを元に…。なんとこれ、3巻の感想なのに、2巻と書いてありました。

サッカー。
どんな話で、「修羅の門」とどんな関係があったっけ?それも、忘れた。

前巻読んだのが、8年ほど前。作品自体は、順調に(?)続いて終ったみたいです。

メンバー集めは、この手のマンガでは、けっこう楽しいところですよねぇ。さて、集まったそれぞれの個性を活かして射かけるかどうかは、監督と作者の仕事です。
サッカーは、なかなか若者のスポーツで、ロートルは大変だ。しかも、選手兼監督というのは、つらいと思います。