岡田 斗司夫一覧

友だちロボット

すすめロボケット1 藤子・F・不二雄大全集

ロケットだけどロボットで、ロボケット。
岡田 斗司夫が好きだったという話を聞いたことがあるような気がします。

わたしは、今回読むまでまったく知らなかったです。

お兄さんというキャラが出てきて、その人が、いろんな発明をするので、「ドラえもん」的な要素もあります。でも、メインのストーリーは、トラブル解決であったり、悪人退治であったりするので、「パーマン」的でもある。
いろいろな後に開花する藤子・F・不二雄の要素がギュッとつめこまれているのがわかるマンガです。


祈ったところで 何も変わらない

進撃の巨人13

昔、岡田 斗司夫が、

「あの壁は……」

という、なんで壁には女の人の名前がついているのかという話をしていて、それを聞いたときは、

「なに言ってんだか」

と思っていましたが、それに信憑性が出て来ました。


थेरवाद

かごめのジョナサン 完成版

4部目が新たに付け加えられた「完全版」です。

20年以上前に、「かもめのジョナサン」を読んだのは、兄のオススメだったからだったと思います。
まあでも、面白いけど胡散臭い話だなあというのが、そのときの正直な反応です。

解説の五木 寛之の感想と同じ感じです……というか、モヤモヤとした気持ちが、五木解説を読むことでいくらかスッキリ考えられるようになった感じです。
これは、今、モヤモヤした感想があると、岡田 斗司夫の解説聞いてある程度スッキリさせているのとよく似ているなぁ。
この20年、あんまり成長はしていないのかもしれません。

今回、4部目がはいって、あぁ、これは必要だなぁと感じました。
モヤモヤの原因も分かりました。

「かもめのジョナサン」っていう話は、あくまでも、大乗を否定する話なんですよねぇ。
でも、そのときのわたしの思いとしては、どこかに大乗的な考え方が正しいという思いがあった。それが、最近は、ちょっとわたしも大乗的な考え方から離れつつあります。
そして、4部ば入ることで、それがさらに明確になっています。

うーん。
大乗からだんだん離れつつあるのは、大乗がどうしても人を支配する思想だということに気づいてきたからでもあります。
それが、自分の課題でない限り、他人の責任を誰も背負うことはできないし、背負うべきでもないと思うのです。

そして、今も昔もかわらずに、カモメの写真は、かわいい。それでいいのかも。


新しい家族のかたち

評価と贈与の経済学

割と対談者の2人が、同じ方向をむいている対談です。
その意味では、おもしろいんだけども、お互いに共通の項が多すぎて、その部分の説明がないので、若干、説明不足な感じのところもあります。
そこ、もうちょっと突っ込んで話て。みたいな。

新しい家族の形。家族をもっと拡張していった形。
その人間関係がわずらわしくて、家族を解体してきたはずなのに、人間って、なかなか難儀ですわ。


不安とのつきあい方

岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る2 本当は残酷で恐ろしくて美しい「風立ちぬ」 電子版

これも、元の音源を聞いたかな。
新聞記者のインタビューというか質問に、岡田 司夫が答えてます。

この新聞記者さんが、自分の感想に自信がなさそうなのが、なんとも。
そして、権威(岡田斗司夫)に、正解を聞いて恥をかかないようにしておこうとしている感じが……。

まぁ、多分、わたしも時々、そういうことをしちゃっていることがある気がするから、気になるんだろうなぁ。

本当は、感想なんて、自分の感想なんだから、正しいも間違っているもなくて、表明すればいいんだよと思うのですが。
どっか、解釈が違っているために、こんな感想になったのかも、しれない。間違って、笑われたらどうしようというの、働いてしまうんですよねぇ。

そしてまた、この「風立ちぬ」という映画が、一部の人間に、そういう不安をかきたたせるお話であったということだと思います。

岡田 斗司夫みたいな人が、ズバッと言葉にしてくれると安心する。

うーん、「でも本当に必要なのは、自分でそれを整理して言葉にする力かも」と書こうと思ったけれど、「本当にその力は必要なのかな?だれの意見を聞けばすっきりするか知っているだけでもいいのかも」とも思った。

不安なときは、強い言葉の人についていきたくなるよねぇ。
でも、不安な状態のままで、ゆらゆら、フラフラしているのにも、もしかしら意味があるかもしれない。