内藤泰弘,読書トライガン,トライガン・マキシマム,内藤 泰弘,少年画報社,YKコミックス

トライガン・マキシマム10

えーと、けっこう泣きそうなシーンでした。
でも、あいかわらず、みんながなにをやっているのか、頭の悪いわたしには、イマイチつかめない……。

平野耕太,読書少年画報社,平野 耕太,HELLSING,YKコミックス

HELLSING7

どうなっているのか、すでにわたしは、物語を見失っています。

平野耕太,読書少年画報社,平野 耕太,HELLSING,YKコミックス

HELLSING6

自らが呪われた存在だと知りながら、それでも神に忠誠を誓い、救われないと知りながら、喜々として自らの義務を果たす。

本来なら、狂信の先には、「救い」があるはずなのに、それすらない。
それなのに、彼らは、何を求めて狂信するのか?

ということで、熱心党の人たち、とくにアンデルセン神父に1票。

内藤泰弘,読書トライガン・マキシマム,少年画報社,YKコミックス

トライガン・マキシマム9

話がどうなっているのかは、実はよく見えてないのですが(笑)、えーと、なんで、ウルフウッドが主役になってるんだろう(笑)

でも、どんなことを伝えようとしているかは理解できます。

でも、ウルフウッドが、その道を選んでも、やっぱり、

「普通の人とは違うから」

と言われるような気も……。