ゆうきまさみ,読書ゆうき まさみ,マンガ,小学館,少年サンデーBOOKS,究極超人あ~る

究極超人あ~る7

このマンガって、ホンマにまりいの魅力で成り立っていますね。
ちょうどいい気の強さ(笑)

まあ、小夜子は、ちょっと気が強すぎるかな。

と書いて、どっちもどっちだなぁと思ったりもしました。

ゆうきまさみ,読書ゆうき まさみ,小学館,少年サンデーBOOKS,究極超人あ~る

究極超人あ~る6

これ、ちゃんと時間が進んでいくところがすごいとこですよねぇ。
といいながら、10巻目はどうなっているのかと思いますが。

ということで、代替わりの時期です。
でも、結局、部長の話はどうなった?

ゆうきまさみ,読書ゆうき まさみ,天使なんかじゃない,学校,小学館,少年サンデーBOOKS,究極超人あ~る

究極超人あ~る5

修学旅行編。
楽しそうで、この学校と「天使なんかじゃない」の学校には、本当に行きたいと思ってしまいます。

でも、その楽しさは、多分、自分で作っていくもんなんだよねぇ。

ゆうきまさみ,読書ゆうき まさみ,小学館,少年サンデーBOOKS,究極超人あ~る

究極超人あ~る4

春合宿から、新入生部員獲得へ。
青春な流れだなぁと。

そして、哉原博士、結構真面目にあ~るくんを直している?

ゆうきまさみ,読書ゆうき まさみ,小学館,少年サンデーBOOKS,究極超人あ~る

究極超人あ~る3

巫女さん姿のまりが見れる3巻目(笑)

部室攻防戦から、開かずの間、幽霊、鳥坂さんの卒業と、怒濤の勢いでお話が進んでいきますな。なのに、なんかまったりした感じ。これが、昭和の香りかな。