少年サンデーコミックス一覧

霊的納得

境界のRINNE27

大事なのは、その人(霊)がどう感じたかであって、真実ではない。
その部分が、おもしろいですよねぇ。

真宮 桜の母のお話が、今回はお気に入りでした。


栄冠は君に

MIX8

西村・父が、けっこう格好いいのですが。まあ、未練たらたらな感じもないことはないか。

わたし含めて、みんな「タッチ」が大好きで、すぐに、タッチとの関わりを探したくなりがちですが、そういう感じで読まなくても充分面白いと思います。


ヒーローになる

ゼクレアトル2 神マンガ戦記

計算みたいにかかれているけれど、迷走しているようにしか見えないという。
でも、それすらが、高度な計算?

といいつつ、読んだのが3年前なので、そんなに違和感がないという。前の話を忘れているから。


残念な美人

境界のRINNE26

「境界のRINNE」の残念な美人たちが、とっても好きです。
アネット先生、鈴、揚羽、そしてもちろん、姉の美人(笑)

その分、ヒロインの桜が目立ってないですよね。わたし、さっきヒロインの名前「あかね」ってかきそうになったもの……。名前すら、覚えていないという。天道 あかねって、いつの時代のヒロインだ。


ほんの小さな出来事で

アオイホノオ12

この時代、完全に子どものお客さんだったわたしたちっていうのは、ものすごくしあわせだったんだなぁと思います。
クリエーター目指していた人たちは、きつかったのかも。でも、熱気があって楽しそうだ。これは、必ずしも島本マンガだからというわけではないと思います。そういう時代だったんだと。