小畑 健一覧

そっちは昨日だ!

All You Need Is Kill 2

読み終わった感想としては、おもしろかった。でも、これ、永遠にこの地獄が続くよなぁと。
また、偶然がおこって、タイムリーパーが2人になって、次の代のタイプリーパーに引き継がれるみたいな悲劇が永遠に続いていく話かと。

そして、よく考えたら、まったくお話自体、終わってないじゃないかと。

では後は、ちょっとネタバレな感じで。

続きを読む


明日はどっちだ?

All You Need Is Kill 1

映画館での宣伝を見て、

「ループ物かぁ。日本的な発想……」

とか、思って見たら「原作・日本」の文字。原作・日本って、どういう意味よと思っていたのですが、そういうラノベがあったのですね。本屋で見ました。
まぁ、おもしろそうではあるのですが、見ることも読むこともないだろうなぁと思っていたのですが、小畑 建の絵でマンガ化ということで、購入。

ねぇさんが食いついて読んでいて、感想を聞いたら、

「怖い世界だ」

と案外悪くなかったので、わたしも読んだら、一気に2巻とも読んだ。

全2巻のマンガだけど、1巻の終わりもいいところで計算して終わっている感じでよいです。


夢見る頃を過ぎても

バクマン。 パーフェクト・コミック・プロフィール

名シーンは、わたしも、中井さんのシーンかなぁ。
あの後の転落は、悲しい……。

ジャンプのこの系統の本の中では、けっこう著者たちが係わっていて、いい感じの本になっていると思います。

基本、ジャンプって、著者には、マンガかく以外のいらんことさせないように動いているところがありますが、最近は、ちょっと変わってきたのかな。


夢を叶える。そして、前へ…

バクマン。20

「バクマン。」、完結です。

力業も多かったけど、いいマンガでしたねぇ。
作中の時間で夢が叶うまで10年すぎてます。10年かぁ。

これって、真城にとっい亜豆が、実は想像の産物であったとしても成り立つ物語だよなぁと思ったりしました。彼女が本物であれ、想像であれ、思いこみ、妄想力が強さが、楽しいお話を作っていく原動力になっていく。

あぁ、そうするとこの設定は、原作の秋人の方の設定にした方がよかったのかな?
うーん、でも、絵をかいている方が、多分、マンガとして絵になるんだろなぁ。


アイドルを探せ

バクマン。19

声優は、アイドルなのか?という、微妙なラインをついてくるな~。
とても、マンガとして、ものすごく良くできていると思います。

クライマックスですな。そして、福田さん……。いや、わざとだろう(笑)