大和田秀樹,富野由悠季,矢立肇,読書ことわざ ガンダムさん,ことわざガンダムさん,ガンダム,大和田 秀樹,富野 由悠季,矢立 肇,角川コミックス・エース,角川書店,KADOKAWA

スペシャルエディション☆ことわざ ガンダムさん

うん?
読んだことがあるような気が……。

総集編。しかも、2冊を1冊にかよ。
スペシャルにするほどネタが貯まっているとは思えないのですが。

内容云々よりは、売り方が残念だと思います。

大河原邦男,安彦良和,富野由悠季,矢立肇,読書ガンダム,大河原 邦男,安彦 良和,富野 由悠季,機動戦士ガンダム,機動戦士ガンダム THE ORIGIN,矢立 肇,角川コミックス・エース,角川書店

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 8

じゃブロー編後編。

「ORIGIN」コアユニット、使わないっていう話だったのでは……。
これ、後からいれるというのは、かなり無理があるような気がしますが、どうなんだろう。

大河原邦男,安彦良和,富野由悠季,矢立肇,読書ガンダム,大河原 邦男,安彦 良和,富野 由悠季,映画,機動戦士ガンダム,機動戦士ガンダム THE ORIGIN,矢立 肇,角川コミックス・エース,角川書店

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 7

マチルダさーんの1巻。

リュウの死もあったりして、ホワイトベースの人間が、どんどん大人になっていかざるえない感じが良く出ています。
若干、マチルダさんの死のせいで、リュウさんの死がかすでしまったところはありますが。
これは、テレビみたいに30分1話の方が、気持ちの切り替えができてよいのかも。

ミライさんは心配性ということなのですが、これは、性格であってニュータイプということではないですよねぇ?
もしかして、安彦さん、ニュータイプのことがよくわかっていなかったりして。

そういえば、ORIGIN映像化(映画化?)だそうです。
凄い。
でも、それでいいのか?とも思う。

マチルダさんのことをマルチダさんといったり、コクピットのことをコトピックといっていた中学時代が懐かしい。

大河原邦男,安彦良和,富野由悠季,矢立肇,読書ガンダム,大河原 邦男,安彦 良和,富野 由悠季,機動戦士ガンダム,機動戦士ガンダム THE ORIGIN,矢立 肇,角川コミックス・エース,角川書店

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 6

リュウさんも、いい感じにフォローにはいるなぁ。
そして、カイたちも脱走。

ブライトさんが、倒れないか心配です(笑)

ジオン側の細かいしがらみ。もともとあるところだけれど、丁寧にかくことで深みが増しています。

大河原邦男,安彦良和,富野由悠季,矢立肇,読書ガンダム,大河原 邦男,安彦 良和,富野 由悠季,機動戦士ガンダム,機動戦士ガンダム THE ORIGIN,矢立 肇,角川コミックス・エース,角川書店

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 5

ランバ・ラル編。
ラルさん、かっこいい。

そして、なんで、ランバ・ラルがここにいるのか、そして、シャアはどうしてキシリアの下に入ったのか、など丁寧な動きは、もちろんテレビ版からも想像できるのですが、よりしっかりとかかれています。
このあたりの細やかさが、安彦 良和。

テレビ版以上に、みんながいっぱいいっぱいである状況が、わかります。