子ども一覧

ダメンズ育成講座

私たちは繁殖している11

ユーヤと別居。
女性の怒りが、ポイント制というのが良くわかる。まあでも、前の彼の時と同じ感じがするんだなぁ。
なんというか、尽くしちゃう分、反動が強い気がします。
まあ、前から気になった、前からひどい的にかかれているのだけど、尽くしているときは、簡単にスルーしているのだろうなぁと。まあ、すぐにヒモにしちゃうしなぁ。

まあ、別れに向かって、ちょっとテンションが落ちていく感じの巻かなぁ。

でも、子どもたちは元気で、そこは良い感じです。


身元の確かな鬼です

とうきょう小鬼らいふ

小鬼が普通にいる世界。甘くはないけど、優しい世界です。

居候に小鬼。そして、実はけっこう小鬼の方が、なんというか俗物というか。鬼だから、俗っぽいのがいいとか。まあ、子どもでかわいいです。
しかし、「うちで遠縁の身元の確かな鬼」っていうのは、思いっきり笑いました。

同棲もの?
いやねぇ、百間が、ふみの寂しさが産み出した幻というオチじゃないかと、ドキドキしていました。


人はそれぞれ

ふたりエッチ68

この前、80巻が出ました。
子どもが産まれたら終了かと思っていましたが、まだまだ、続くようですごいなぁと。

この巻は、まだまだ、妊活篇です。
しあわせなカップルと、あんまりそうではないカップル。違いはなんなのか。実は、割と普遍的な「問い」がお話の中にあると思ったりします。


コツコツドカン

インベスターZ12

コツコツドカン。
これって、バブルとそれが弾けるってことですよねぇ。

わたしの子どもの頃は、バブルなんていう言葉はなかった(まあ、知らなかっただけかも)。基本、景気は上がっていくものだとおもっていたからねぇ。

泡銭は、バブルマネーというそうだけれど、そのバブルとはちょっと違う感じかな。濡れてにあわの「あわ」は、泡じゃないよね。

まあ、いつドカンがくるかがわかっていたら、みんな、成功するんですけどね。
さて、財前は、痛い目に合うのか?切り抜けるのか?

法則が、ありそうで微妙というのが、一番、わかりにくくて危ない。まあ、ギャンブル。


マイペース

12月生まれの少年1

まあ、子ども自身の意識では、これぐらいモノを考えているのだと思います。
側から見れば、ちっとも考えなしでも。

日本だと、4月生まれの子が学校とかで優遇されがちで伸びやすいという話を聞いたことがあります。海外だとこれが、9月生まれになる。
例えば、おんなじ1年生でも、4月生まれの子と3月生まれの子では、ほぼ1年生きている時間の長さが違う。
でも、教えている方は、そんなこと考慮しないで、おんなじ1年生ということで、同じことを要求する。そうして、できる子の方に目をかけてしまうということは、特にスポーツの世界なんかではよくあることだそうです。

この年の1年や、1ヶ月の差というのは、実はとても大きい。

12月生まれは、1、2、3月生まれよりはお兄さんだけど、それでも、4月や5月生まれよりは、体を動かすのが上手ではないという感じなのかなぁ。
そして、多分、「3月生まれの少年」でもいいのだが、12月生まれの方が、最後な感じがでているのだと思います。