妖怪一覧

少年マンガ版友人帳?

妖怪のお医者さん1

最近、妖怪づいてますな。
なんとなく、この間読んだ「夏目友人帳」とかさなるところがあって、面白いです。これも、妖怪を退治しない妖怪マンガです。少年マンガだけあって、ちょっとこっちの方が、動きが派手かな?

最初の2話とその次に始まる第1話が、パラレルな関係になっています。
これ、はじめから狙ってしたとなると、けっこうテクニシャン?

友人帳と平行して読んでいこうと思います。


情がうつる

夏目友人帳1

妹がブログで、

「新刊がなーい!」

と叫んでいました。本屋に行ったら新刊どころか1巻から全部あったので、内容を確認。
どうやら、妖怪ものらしい。妖怪もの好き。ということで、とりあえず1巻を買ってみる。

けっこう、地味な人情話みたいな感じです。少年漫マンガなら、けっこうなアクションになると思うのですが、アニメになるほどうけるマンガなんだろうか(笑)
でも、個人的には、好きですねぇ。このテンポ。にゃんこ先生も、かわいいです。

「喰ってやる!」

の黄金パターンが、素敵だ。

なんか、燕の子は、見た記憶があります。また、出てくるのかな?
女の子だとは気づかなかった。


現世でも、ひるこだったようです

どろろ梵1

百鬼丸とどろろのその後を読めるのは、けっこううれしいかも。

まあ、手塚 治虫の作品ではなくて、今風のリニューアルなんですけどもね。

でも、「どろろ」って、すごい傑作だなぁと思います。このマンガがなかったら、きっといろんなマンガがなかったそんな物語です。

転生した百鬼丸も、なかなかいいです。現世の記憶はどうなったんだとか思いますけどね。

そして、今回の相棒は、どろろではなくて、梵。どろろは、妖怪として生きているみたいです。でも、題名からすると、梵はどろろの生まれ変わりっぽいなぁと思うのですが。

さて、まだスタートしたばかりで、全体は見えていない感じです。でも、今はワクワクしています。


妖怪は、本当にでてくるのか?

魍魎の匣1

志水 アキのマンガということで、購入。
たしか、京極 夏彦って、新井 素子が、「素子の読書あらかると」で、ほめてた様な気が。

戦後間もない時代を舞台にしたミステリーです。でも、時代は、よくわからない感じですね。

最初の箱の中の女の子のイメージが、けっこう強烈です。これが、本編とどうかかわってくるのか、さっぱりまだ見えていません。

というか、主人公って、この巻の1番最後に、ちょっと出てきただけの人のようです。

でも、この雰囲気は好きだなぁということで、ちょっと原作にも手を出してみようと思った1冊です。

志水 アキ,京極 夏彦
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2007-12
 


邪見、いい人(妖怪) その2

犬夜叉48

いやぁ、邪見が、ここまでいい動きをするキャラクターだとは。
はっと気づくと、ものすごく考えられた配置ですねぇ。

こういうのがあるから、長期の連載というのは、いい。

でも、若干のばし過ぎなのは……。
これはこれで、ちゃんとそれなりの水準でのばしているというのは、高橋 留美子といい、鳥山 明といいすごいんだけど。