大場 つぐみ一覧

選ばれたるものの恍惚と不安

バクマン。4

「この手のファンタジーはもう少年マンガでやった方がいい」

というセリフが、なんともいえずにリアルだと思います。
このリアルと、新妻 エイジの異常なかっこよさと。

これが同居しているのだから、おもしろくないわけないです。

新妻 エイジ。アホな子と思っていたのに。


夢に向かって

バクマン。3

若くて、野望がある人たちが、夢をいっぱいかたるのは、楽しいことだ。
まあ、若くなくても、熱く語るのは、大切ですね。

時々、大学時代の友だちとかと会うと、そう思います。


絵の魅力って、結構大事なのね

とっても!ラッキーマン1

「ガウモ ひろし=大場 つぐみ」説というのがあって、「DEATH NOTE」、「バクマン。」の大場 つぐみのマンガならば、さぞおもしろかろうと、文庫を購入してみました。

そして、驚愕……ラクガキ??なんか、話も、おもしろいのか、コレ。

いわれてみれば、確かに、ラストからものすごく逆算されて、伏線はって物語がつくられているみたいですが、いわれないと気づかないわ、コレ。(ただ単に、わたしの頭が悪いからかもしれませんが)

うーん、とりあえず1巻目は、けっこう苦しい。

1、2巻同時発売だったから、2巻まで買ってしまったのだが……。
どうしよ~。これから、おもしろくなるのか~。


ギャラの話まで…

バクマン。2

かつて、ここまで書いた「マンガ家」の物語があっただろうか……。
知らんだけかもしれませんが……。

ギャラの話とか、けっこう生臭い話も。でも、その生臭いところを、サイコーと亜豆のありえない純愛物語が、上手に緩和しています。

でも、わたしは、この2人が王道を狙うのは、間違った作戦だと思うなぁ……。

そして、このマンガも、わりと邪道だ(笑)


マンガ道

バクマン。1

「DEATH NOTE」のコンビの新作です。

現代版、ジャンプ版の「まんが道」みたいな感じです。

1巻は、ジャンプに持ち込みという感じのところで終わっています。でも、これって、けっこう続けていくと、やばい展開にならないのか?

あと、物語のなかで、もう1つ物語をつくることになると、大変そうだ。

そういう、ガッツのあるマンガを望んでいます。

「バクマン。」って何のことかと思ったけど、多分、夢を食べる獏のことですね。