大場 つぐみ一覧

夢見る頃を過ぎても

バクマン。 パーフェクト・コミック・プロフィール

名シーンは、わたしも、中井さんのシーンかなぁ。
あの後の転落は、悲しい……。

ジャンプのこの系統の本の中では、けっこう著者たちが係わっていて、いい感じの本になっていると思います。

基本、ジャンプって、著者には、マンガかく以外のいらんことさせないように動いているところがありますが、最近は、ちょっと変わってきたのかな。


夢を叶える。そして、前へ…

バクマン。20

「バクマン。」、完結です。

力業も多かったけど、いいマンガでしたねぇ。
作中の時間で夢が叶うまで10年すぎてます。10年かぁ。

これって、真城にとっい亜豆が、実は想像の産物であったとしても成り立つ物語だよなぁと思ったりしました。彼女が本物であれ、想像であれ、思いこみ、妄想力が強さが、楽しいお話を作っていく原動力になっていく。

あぁ、そうするとこの設定は、原作の秋人の方の設定にした方がよかったのかな?
うーん、でも、絵をかいている方が、多分、マンガとして絵になるんだろなぁ。


僕を幸せにしてください

バクマン。18

今、はじまったのは、「DETH NOTE」だよね。
そうすると、これが自伝だとすると、基本、全力疾走がたなんだな~と思った。
そして、それは、バクマン。でも同じ。

でも、その前に現実では、「ヒカルの碁」というヒットを出しているわけですね。


1話完結じゃない1話完結

バクマン。17

今回は、バトル要素多め。ラブ要素少な目ですね。

しかし、こんな経験からくる裏技まで、オープンにしてくるなんて……。
伏線がどんどん回収される快感のある物語って、こんな風につくられているのか?これは、ちょっとすごいと思った。

いやでも、こんなことは、常識なのか?
これぐらいのこと、知られたぐらいでびくともしない自信があるのか?

どっちにしろ、かっこいいぞ。


主人公・新妻 エイジ

バクマン。16

新妻 エイジ、かっこいいな。

そして、後半のエピソードの黒幕ですが、才能の無駄使いをしすぎの様な気がします。
自分でやれば、いいのに。