大今 良時一覧

あいのものがたり

マルドゥック・スクランブル7

きれいな着地でした。
うーん、「マルドゥック・スクランブル」は、恋愛マンガだったのね。

しかし、「聲の形」の原型を持ち込んだ新人マンガ家にこの作品を良くかかせたなぁと思います。


完全勝利

マルドゥック・スクランブル6

心理戦の連続で超おもしろかったカジノ編が完結。
ラストはアクションでしめる感じなのかなぁ。

かっこいいセリフが多くて、中二心がギャンギャンします(笑)


カジノにて

マルドゥック・スクランブル5

あぁ、この巻の展開は好き。
ボードゲーマーだからというのもあるかもしれませんが。それに、前巻はけっこう鬱展開だったから。

前に向かって自分の足で進めという、冲方節が、気持ちいいです。


誰もが今さみしい

マルドゥック・スクランブル4

「楽園」という名前の牢獄。ウフコックの生まれた場所。
それでも、外よりは穏やかに過ごせていたのかもしれない。

外からの侵入者で、それがどんどん崩れていく。

主人公にとっては、再起なのだけれど、楽園の住民にとっては、災難そのもの。それでも、そこで、感謝をしたりする姿を見ると、みんな病んでるなぁと。


因果応報

マルドゥック・スクランブル3

なんか、けっこう非道い話になったなぁと。
人であるが故に、簡単に溺れてしまう。自分が憎悪していた対象といつしか同じものに変化していく恐怖。

これは、原作の文章の方を読んでいないのでわからないのですが、冲方 丁って、割とそれを熱くかく人だと思うのですが、マンガは、それをけっこう、淡々とかいています。