士貴 智志一覧

百鬼と多宝

どろろと百鬼丸伝2

アニメの原作というわけではなくて、これはこれで、独立したお話です。

琵琶丸にも、なんか、いろいろ設定がついてるみたいですね。晴明?陰陽師か?

そして、多宝丸の体も……。というのは、確かに面白いんだけど、そうすると、百鬼丸と多宝丸という対比は、薄くなっちゃうかな。


当主

進撃の巨人 Before the fall 15

そんな場合かといっても、争ってしまうのが人間。
本編では、大きな話がグイグイすすんでいきますが、こっちの細かい話も、けっこう楽しいです。


生き急ぐ

進撃の巨人 Before the fall 14

時代のせいかもしれませんが、キュロクとシャルルの生き急いでる感が半端ないなぁと。
そして、このマンガって、全滅エンドでないだろうなぁとちょっと心配しています。


リブート

どろろと百鬼丸伝1

アニメ版「どろろ」がおもしろかったので、買った1冊。
まあ、「どろろ」を原案にしているマンガって、けっこうあって、みんなそれなりにおもしろいのですが、みんなそれなりに未完であるような気がしないでもない。

これは、物語のクライマックスが、体を全部取り返すというのとうまく繋がってないからのような気がします。

さて、このマンガでは、どこまで連れてってくれるのでしょうか?


「その日」に間に合うように

進撃の巨人 Before the fall 13

立体起動装置完成。
あとは、これを使いこなしていく段階。使いこなせた段階で、あれだけ絶望的なんだから、この時代がどれだけ閉塞感があったかというのは……。

憲兵がキーになっているけれど、憲兵の中にも知っている側と知らない側がいるみたいです。さて。