唐沢 なをき一覧

おもしろさは1.5倍ぐらい?

とりから往復書簡3

最終巻。
なんか、グダグダな感じで終了に……。

まあ、今までも、そうか……。うん、まあ、おもしろかったです。


つらさは2倍?

とりから往復書簡2

うーん、この手のマンガで、ものすごくおもしろいと思わせるのは、難しい気がします。
でも、コレ、水準以上にはおもしろいです。

日常のなかには、おもしろいことがいっぱいあるけれど、それを覚えていて、相手が出してきたお題に合わせて、うまく引き出すのが、けっこう難しい気がします。
それが出来るのが、噺家とマンガ家ですね。


そして、出版からさらに5年の月日が流れている

電脳炎6 ハイブリット版

これで、電脳炎は、打ち止めかな?
なんか、コミックに入ってないネタもありそうだけれども……今さら、このレーベルではでないような気が。

うーん、でも、環境そのものはかわっていっても、それを取り巻く、困ったことや、困った人というのは、そんなに変わっていない気もします。

まあ、

「なんで、これぐらい出来ないんだ?」

とか言っていた自分が、そろそろ、同じことを言われる様になってきつつあるかもしれませんが。


原稿料は、1/2?

とりから往復書簡1

こんな、しんどそうなこと、ようやるなぁ……。
2人だからといって、労力は、絶対に1/2にはなっていないという……。


違和感のないミライさん

機動戦士ぶよガンダム1

「犬ガンダム」の次は、「ぶよガンダム」……。
ぶよと聞いて、虫かと思っていましたが、「ぶよぶよ」のぶよでした。

うーん、かなりイヤ(笑)

でも、ミライさんだけは、もともと、ポッチャリ系なので、あんまり違和感なかったりして……。

唐沢 なをき,矢立 馨,富野 由悠季
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2009-01-26