柳広司,読書シャーロック・ホームズ,ジョーカー・ゲーム,トーキョー・プリズン,吾輩はシャーロック・ホームズである,新世界,柳 広司,角川グループパブリッシング,角川文庫,角川書店

吾輩はシャーロック・ホームズである

なんというか、良い感じで、嘘と史実がミックスされています。
まあ、それでも、この人の作風は軽やかというよりは、重い感じはあるのですが。それでも、「新世界」、「トーキョー・プリズン」に比べると、わたしにとってわかりやすいユーモアがあって好きです。

そしてまだ、「ジョーカー・ゲーム」にはたどり着かず、漱石の話があるようです。
その漱石は、この物語の漱石と繋がっているのかな。