吾妻 ひでお一覧

She is so delicate…

謎の彼女X1

Kindleで、安売りしていたのと題名と絵柄で購入。安売りというか1、2巻は0円
まったく知識なしに買ったのですが、この絵柄、昔見たことがちょっとあるぞ。この夢の町の描写とか。わたしが1番好きな時代の大野 安之みたいなやつ。

「夢使い」か「ディスコミュニケーション」を持っていた気が。うーん、記憶が定かでは無いのだが、なんか1巻なのに途中だったみたいなことに気づいて読むのやめたので、「ディスコミュニケーション」のなんとか編だったのかも。

どっか、吾妻 ひでおの女の子を思わせるような感じで、かわいいです。そして、色っぽい。

でも、特別な関係って、そうじゃないというか、ギャグマンガ?


ヤオイの方が歴史が古いのか

吾妻ひでお 総特集 美少女・SF・不条理ギャグ、そして失踪 文藝別冊

吾妻 ひでおは、別格の人です。私の中では、藤子 不二雄、永井 豪、松本 零士に並んでいる巨人。
多分、この人がいたから、マンガの表現というのは広がったと思います。

なんか、けだるい格好良さがあると思っています。

同人誌文化の中で、ヤオイの歴史がけっこう古いということをはじめて知りました。そうだったんだ。わたしが発見した順番(興味を持った順番)が、エロ→ヤオイだったので、そういう順番の歴史なんだと思っていました。
貴重な歴史の証言(笑)


けっこう自由な…

マイ・コラボレーション・ワークス 吾妻ひでおコミカライズ傑作選

原作付の吾妻 ひでお。
多分、元のよりも、女子は可愛く、そしてハチャメチャになっていると思います。

チャッピー、自由すぎる(笑)


ファンなら、買っとけ!

ワンダー・AZUM HIDEO・ランド

なかなか読めない小品を集めたということで、嬉しい。
やっぱり、全部読みたいという欲望はあります。

まあ、それでも、作品としては微妙なものが多いのも確かです。
他の本の解説としてかかれたものなんかは、それと一緒でないとネタが難しいところもありますし。
それでも、「幻魔大戦」とか、メチャクチャおもしろいのもあって、買って後悔はしていません。まあ、「幻魔大戦」は元ネタ知っているからだろうというのもありますが。
まあ、読まないと、読む価値があったかどうかなんてわからないですしね。

不満があるとしたら、けっこう読んだことあるのもあったということかなぁ。
「るん・かん」の文庫本とかも、けっこう持ってたりするからなぁ。


メジャーめざした?

ときめきアリス 定本

いい感じの吾妻 ひでおです。
いい加減に見える中で、どんだけ葛藤があったのかはわからないです。
でも、それが表現としては丁度良い加減で素晴らしい。