吉川 英治一覧

斬って斬って…

バガボンド26

斬って斬って……。
修羅のごとくです。

でも、これまでの剣豪同士の戦いのような緊張感は、薄めになっている感じです。

いや、それは、最後のためにとってあるのか?


三国統一まで

三国演義6

うーん、孔明が死んだ後の三国志って、今まで、全然、真面目に読んだことがなかったのですね、わたしは。
それは、吉川 英治の三国志から読み出したせいかもしれません。
だって、あれ、

「あとはつまんない」

って、書いてありますからねぇ。

でも、その後に、けっこう有名な話があるのですね。

阿斗が、

「ここは楽しいので、蜀のことなんて思い出しません」

と言ったのは、こんなに後の話だったんですねぇ。

しかし、このへんの知識って、兄貴から仕入れたものだと思うから、あの人は、私よりも真面目に、その後のことも読んでいたということですね。
昔は、マメな人だったのね……(遠い目)

あと、姜維が、こんなにも報われずにがんばったことも、ほとんど知らなかったです。

ここまで、興味を持って読めたということで、この本の意義は大きかったと思います。


決着。そして前へ…

バガボンド25

強くなったところで、年を取って動けなくなれば?
絶対に来る寿命は?

前に立つ人間がいなくなるまで、殺しつづけるのか?

それでも、迷いながらこの螺旋を行く。



吉岡…

バガボンド21

時間の密度が、あいかわらずすごく濃いです。
完結するまで、どれぐらいかかるんだろう。

吉川英治の「宮本武蔵」は、佐々木小次郎との巌流島で終わるのかな…たしか…。
ちょっと、読んでみた気にさせるマンガです。

吉岡一門との因縁の対決。人のからみ方もおもしろいです。

柳生とは戦わないのかな?