荻原規子,読書古事記,古事記えほん,国づくりのはなし,小学館,日本の神話,荻原 規子

国づくりのはなし オオクニヌシとスクナビコナ 日本の神話 古事記えほん5

副題が、「オオクニヌシとスセリヒメ」ではなくて、「オオクニヌシとスクナビコナ」なのは、前巻が、「オオナムヂとヤガミヒメ」がだったからでしょうか?
そして、あんまりにも簡単にヤガミヒメは退場。ちょっと不憫です。

まあ、力があるほど、嫉妬深くそして自分の思うように出来たはずなので、オオクニヌシにとって、スセリヒメという存在は、多分、権力を維持する上で、とても大事にしなければならない存在だったのだろうなぁとか想像します。

荻原規子,読書いなばの白うさぎ,古事記,古事記えほん,小学館,日本の神話,荻原 規子

いなばの白うさぎ オオナムヂとヤガミヒメ 日本の神話 古事記えほん4

あれ、まだ、スセリヒメのところまでいかない。というか、わたしの中で、ヤガミヒメとスセリヒメが、ゴッチャになっています。
スセリヒメが、凄い嫉妬したという話は覚えているのですが。

ということで、スサノオは、今回、名前だけの登場でした。

そして、オオナムジがスサノオの子孫?
すると、スセリヒメとの結婚は、けっこう身内での結婚だったことになるのかな??

荻原規子,読書やまたのおろち,古事記,古事記えほん,小学館,日本の神話,荻原 規子

やまたのおろち スサノオとクシナダヒメ 日本の神話 古事記えほん3

2巻目の主人公も、スサノオ。
1番英雄らしいスサノオかな。
そういえば、4巻目でも、スセリヒメのパパとしてスサノオ出てくるんだよなぁ。いろんなところをつなぐ、ものすごい重要人物です。

おろちが、蛇という意味ではないとは知らなかったです。イメージはものすごい蛇なんですが。

今回も、表紙にシールが貼ってありましたが、これはきれいに簡単に取れました。
改善して良かった。

荻原規子,読書古事記,古事記えほん,天の岩戸,小学館,日本の神話,荻原 規子

天の岩戸 アマテラスとスサノオ 日本の神話 古事記えほん2

内容よりもなによりも、まず、舐めてるのか小学館という話で。
なにかというと、アマゾンで購入したんだけれど、表紙にメチャクチャ大きなシールがべったり。
オビにとかそういう可愛いモノではなくて、もう、本の表紙にべったり。

えーと、これ、絵本なんですよねぇ。絵も大事な要素の。その表紙の絵の上にべったりって……。
しかも、この表紙の絵、中の絵の使い回しじゃないんですけど。

はがれるシールだよねぇと思ってはがしだしたら、これがまた、ものすごい粘着力のシールでした。非道い。

はがすと、下から長唄きのニワトリの絵が。わざとか、わざとこれを隠したのか?

シールをはるとどんな良いことがあるのか、本気で教えて欲しいと思いました。

内容は、好きな話ですし、読みやすくて面白かったです。

石ノ森章太郎,読書マンガ,マンガ日本の古典,ヤマトタケル,ロボット,中公文庫,中央公論新社,古事記,石ノ森 章太郎,SF

古事記 マンガ日本の古典1

けっこう一気に買ったシリーズです。
わたし世代向け(実はもうちょっと上の世代か)のマンガ家さんたちがオンパレードなシリーズです。

けっこう、自由にかいてます。ちょっとSF入ってる感じ。でも、なんかちょっと読みにくかったです。なんでかなぁ。「古事記」という素材そのものは面白いと思うのですが。

ウミヒコ・ヤマヒコの話で終わっていますが、この後も、ヤマトタケルの話とかは、物語として凄く好きです。