双葉社一覧

ここだけはおさえとく?

ここだけのふたり!3

3巻の旧版は、家にみあたらないのだけれど、このあたりは読んだことがあるような気が……。
なんでだろう?


ここだけのはなしにしとけ?

ここだけのふたり!2

あぁ、と気がつく。

この人のこの頃のマンガがすごく好きな理由は、ギャグなところよりも、柴田 亜美好きなのと一緒で、自分の病気のところにふれているからだなぁと。

そのままで良いよというメッセージが明確にあるわけではないけれど、そうでしかいられない存在として、どこか、肯定してくれているような気になっていたのだと思います。

今も、そうかも。


ここだけにしかいない?

ここだけのふたり!1

「ついに完結!」というあおりとともに、新装版が3巻一緒に出ていました。

家に帰って見てみたら、2巻までしかないな。もっと、なんか大河ドラマだったような気がしていたのですが。この人のマンガ、出ているかどうかわからないのが難点だ。

ほのぼの系だと思って読んでいたし、今見てもたしかにそうなんだけれども、すごい微妙な悪意(?この言い方をするとちょっと違ってくるな…)、吉野 朔実の作品にも通ずるようななにかを感じてしまうわたしでした。


夜の底、孤独の天辺

夜、海へ還るバス

なんやろう。
森下 裕美、すごいところにいこうとしている気が……。

わたしには、エピローグの意味が、まだ受け取り切れてないです。


恋は叶うと 聞かせてよ

妄想少女オタク系4

すんごいスローペースだけど、展開している感じがいいですね。
青春だ!

表紙の千葉がもっているマンガが気になっているわたしも、青春だ(爆)