十二季節の魔法使い一覧

年末雑記2019 この世界のさらにいくつもの「あ・そ・ぼ」

さてさて、2019年の最終日です。
本年中は、本当にお世話になりました。
来年度も、よろしくお願いいたします。

2019年度は、まぁ、勤務先が大きく変わって遠くなったりとかしまして、ストレスも多い年でしたが、去年に比べれば好きなというか、やりがいのある仕事にもどることができて、よかったかなぁと。良い方に転がっているかどうかは、微妙です。業界全体から見たら、あきらかに滅びの道を歩んどるなぁと感じます。あと、10数年、もってくれると嬉しいが、無理かもしんないと感じることが多いです。

体の方は、五十肩なんてものが、夏の初めからはじまってしまい、わりと体を動かす仕事なので難儀していますが。

ではでは、今年1年を振り返ります。

ゲームハウスのゲームと本たち

2018年の記事によると、ゲームハウスには昨年の年末には、1169種類のボードがあったそうです。「playgameボードゲームデータベース」によると、今年は、所有ボードゲームとして1213種類のボードゲームが登録されています。
ということで、今年は、44種類のゲームが増えたようです。
うん?44種類、そんなに買ったっけ?昨年が、少なすぎだったので、こんなものかな。

あふれ出した本とボードゲームをなんとかしなければならないということで、去年までで、2871冊の本を自炊して性分しました。去年までに自炊した分が2399冊でしたので、今年だけで472冊の本がゲームハウスから消えました。
本の自炊は、断固として進めていますが、本当に裁断してしまっていいのかというメチャクチャ好きなマンガや、今調べると、けっこう中古市場では高値になっている本もあって、大丈夫か……という感じもしないでもないです。

最近というか、今、となりでスキャンされている倉田 悠子は、ああ、この人好きだったなぁ。このジャンルの小説の先駆者だったなぁ。今、本出してないのかなぁ。と調べてみるともう亡くなられていたことがわかったり、実は有名な作家さんの偽名(?)であったことがわかったりして、ビックリしました。ただ者ではないと思っていたし、好きだからこうして昭和の時代の本がわたしの本箱に残っていたわけですが。そうか、やっぱりただ者ではなかったか。合掌。

わが家のニュース

ねぇさんのパソコンが壊れ、ちょっと前までわたしが仕事場で使っていたパソコンを譲ってあげて、モニタの代わりにテレビを(ねぇさんが)購入。最近は、なんでも、HDMIで繋がるので便利です。
ねぇさんのパソコンは、テレパソだったのですが、録画予約とかは、テレパソの方が便利ですね。今時のテレビが、特定の言葉を指定して、予約できないとは思いもしなかった。録画用ハードディスクは、わたしが購入。

去年にひきつづき、2台目の新しいテレビです。去年のテレビ購入をきっかけに、ねぇさんが、Netflixに入っていましたが、今までのテレビは、割とテレビゲーム専用モニターと化していました。でも、こっちのテレビは居間においてあるのと、録画が面倒ということもあり、今年は、結構、Netflixの番組を見ました。
まあ、アニメ中心です。よく考えると、わたしの好みの番組ばっかり見てて申し訳ないかも。
「ハイスコアガール」が、ラストまで見れました。良かった。「キルラキル」とか「まどかマギカ」とかも見ました。藍井 エイルの歌は、元気がでていいですねぇ。好きです。

2019年をふりかえる

映画は、マーベル中心かな。
「キャプテン・マーベル」、「アベンジャーズ エンドゲーム」、「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」、「X-MEN ダーク・フェニックス」。どれも、おもしろかったです。「X-MEN」が、ちょっと印象が弱いかな。まあ、MCUの流れのなかの映画でないので仕方ないと思います。
映画じゃない論争とかあったけど、まあ、映画かどうかは問題じゃなくて、おもしろいかどうかが大事かなぁと思っています。たしかに、後に残るものは少ないのですが、その瞬間瞬間のおもしろさって、やっぱり基調です。

年末に、パタパタと「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」と「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」を見てきました。
「スター・ウォーズ」は、まあ、無難にまとめたなぁと。あの監督だとそんな感じやろうねぇ。でこねぇさんも、わたしも、半分寝てました。
「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、ものすごく期待して見に行きました。寝ることはなかった。でも、ちょっと、アレという肩透かしな感じ。まあ、「この世界の片隅に」を2回見ているというせいもあるかもしれません。原作も読んでいるしねぇ。前の映画の方が、ドキドキしたしまとまっている感じ。
特に気になったのは、りんと周作の関係で、もちろん、その解釈で正しいんだけれど、それを強めるような説明的なセリフはいらないだろうと思うところがありました。具体的に書くと、なんですずの嫁入りを急いだのかという北條のご両親が話すシーンとか、いらんやろうと思った。

アニメは、上でもかいていた「ハイスコアガール」が良かったです。
「キルラキル」は、熱血で好きなんだけど、あそこまで血みどろじゃなくてもいいです。「まどかマギカ」は、正直、なめてかかってました。ひどい話で、心が柔らかいときにみたら「レイアース」の第一部と同じぐらいトラウマになると思います。
好みでおもしろそうなアニメを見ると、そういう悲惨な話ばかりになりそうなので、糖度の高いアニメと一緒に見ています。「ぼくたちは勉強ができない」とか、「だがしかし」とか。

イカの甲子園は、今年も行きました。
でも、京都でするイベントは、どうしても他の大きなイベントと一緒になっていて、落ち着いてイカだけを楽しめる感じではないですねぇ。グッズをいっぱい買って帰ってきました。1

2019年、よく遊んだゲーム

ゲーム会から離れてしまっているということもあり、遊んだ回数的には、少ない感じです。
余裕があった、1月から3月に、子ども達とけっこう、短いゲームを繰り返し遊んだ印象です。その後、その子たちとは別れてしまって近くにいる子どもが1年生になってしまったので、主に「ぴっぐテン」ばっかりしていた記憶が。

さて、今年1番よく遊んだゲームは、1位「ストリートファイターライバルズ」、2位「ドミニオン 帝国」、3位「ぴっぐテン」、4位「ドミニオン 夜想曲」、5位「ニュートン」でした。

「ストリートファイターライバルズ」は、去年、「R-Rivals」を遊びまくった子たちが、一段階レベルアップして遊んでいた感じです。
キャラクターゲームなのですが、よくできてるなあと思います。楽しい。

「ドミニオン」は、第二版も順調に出て、来年には、またまた新拡張「ルネッサンス」が出ます。「帝国」のオススメの組み合わせでのゲームは、全部終わったのかな。このまま順当に、「夜想曲」オススメの組み合わせを全部遊んで、来年のこのページには、「ルネッサンス」遊んだよと報告できるといいですねぇ。
あいかわらずの面白さなのですが、一時期ほどやり込めないのが残念です。もっと時間があればねぇ。

「ニュートン」は、前半のベストゲームですね。本を集めるの楽しい。そして、あんまり旅行はしません。と、わたしみたいに決め打ちをすると、ボーナスタイルの並びによっては死にますが。その変化も楽しかったです。

「テラフォーミングマーズ」も、おもしろいです。拡張も入れて、いろいろしてみたい。

「ウイングスパン」は、嫌いじゃないんだけど、「地味」という印象が。

もっとやってみたいのは、「レス・アルカナ」ですねぇ。わたし、「十二季節の魔法使い」が好きなんですが、ちょっと長いと感じるのです。その面白さを、ギュッと詰め込んでいる感じがします。
まあこれも、面白さの振り幅がけっこう大きいゲームの様な気がしますが、それも、短いと気にならない感じです。

そして、今年のベストゲームは……。

「アストラルチェイン」でした。2

いや、もっとこのゲーム、話題になっていいのにと不憫で不憫で。ゲームハウスでは、今年は、けっこうずっとコレが遊ばれていたのですよ。わたしも、ねぇさんも。

来年も、楽しい良い年でありますように。
いっぱいいっぱい遊べますように。

それでは、良いお年を。

  1. 欲しいものは、けっこうわたしたちの列の前で売り切れたりしていました。 []
  2. ……TVゲームです。 []

2014年ゴールデンウィーク後半 湖畔のゲーム会 その5 中二(から)のゲーム

十二季節の魔法使い

十二季節の魔法使い
そろそろ、時間的にラストゲーム。
明日もあるので、まぁ、ルールを説明しなくてもできるようなゲームをということで、久しぶりに、「十二季節の魔法使い」です。

「拡張、ないの?」

「拡張、日本語版が出てないんですよ~(泣)」

これと、「クォーリアーズ」の拡張と、「エミネントドメイン」の拡張は、日本語版が出たらマストバイなのでずか、出ないんですよねぇ。

まぁ、エミネントドメインなんて、日本語で拡張が出るどころか、海外版の拡張が日本に入ってきてすらいないのですから、海外版でも訳付きで拡張が入ってきている「十二季節」は、まだいい方だといえますが。
「クォーリアーズ」も、3つも拡張出たし満足しないといけないのかも……。

さて、「十二季節の魔法使い」は、カードをドラフトして、ドラフトしたカードを3期に分けて、カードをプレイしていき点数を稼いでいくゲームです。

もともと、TCGプレーヤーではないので、ドラフトのゲームってそんなにしたことないです。
「世界の七不思議」と「ヴォーパルス」とこれぐらいしか知りません。

で、「七不思議」も、「ヴォーパルス」も、「十二季節」も、楽しいゲームなのですが、「七不思議」だけは、変なテイストです。

「世界の七不思議」が、他のドラフトゲームと違うところは、ドラフトしたカードをすぐにプレイすることろだと思います。
これがあることで、少しずつですが、なんとなく他のプレーヤーがやりたがっている作戦が見えてくる(ような気がする)。
他のゲームは、ドラフトのフェイズとプレイのフェイズが完全にわかれています。

まぁ、3人ぐらいでやっていれば、同じ札の束がまわってきたときになくなっているカードを見て、

「だいたい、こんなことを考えてるのかなぁ~」

ぐらいの感じになります。

あぁ、七不思議の場合は、7人とかでやれば、同じ札の束がまわってこないこともあって、その場合相手の作戦がまったく分からなくなって、インタラクションを感じなくなるので、そういうデザインなのかも。

十二季節は、七不思議と比べると、そのあたりはものすごくオーソドックスな感じがします。
まぁ、カードの効果が、けっこう攻撃的ないやらしいものがあって、プレイしている感覚は、まぁなかなか激しい感じです。

最初、なんせ、たくさんのカードをドラフトして選んでいきます。
それぞれ、プレーヤーごとにカードの束をもらって、1枚とっては左にまわす。
そして、右からまわってきたカードの束をもらって、1枚とっては左にまわす。
こうやって、自分のデッキを作っていく。

ほとんどのカードに、特殊能力がついていて、それを全部読んで、考えてカードを選択していかなければならないので、インストが超面倒くさいゲームだと思います。
まぁ、

「効果は、読んだ通りだ!!」

で済ますしかない感じです。
基本、人の持っているカードはブラインドで、その場で説明ってできまない。
なら、最初にすべのカードの説明をするのかというと、50種類100枚のカードだったかで、膨大な種類があって、しかも、ゲームに登場しないカードもたくさんあるという……。

例外処理とかは、カード番号から、自分でルールブックを見て調べられるぐらいの人でないと遊べない。
ということで、初心者には全然、やさしくないゲームです。
だから対象年齢も、ちょっと高い目の14歳からになっております。なんだろう、この微妙な年齢設定は。
でも、フレーバー的には、ファンタジーで闘っていて、小学生が喜びそうな感じです。
はっ、まさか中二……そういうことか?1

でも、こうやって、自分でデッキを組み立ててる感じが楽しいのです。
これは、多分、デッキビルドとはいわないと思うのですが、こういう、カードを使って計画建てていくゲームが好きなようです。

こうやって作ったデッキで、3年間、十二季節を闘っていきます。
今、ドラフトしたカードを1年目から使うカード、2年目から使う山、3年目から使うカードに計画的に分けます。

2年目、3年目のカードは、2年目、3年目にならないと、手札に入ってきません。
カードは、プレイするのにコストが必要ですので、基本的に重たいコストのものは2年目、3年目にまわして、1年目にはプレイしやすいコストのものを選ぶような作戦になると思います。
でも、継続的に効果を発揮するようなカードなら、少しぐらい無理して、1年目から使い続けた方がいいかもしれません。

コストは、季節ごとに種類によって生産される割合が変化する4種類の魔力トークンと勝利点であるクリスタルです。
それをカードのモンスターやアイテムを召喚するコスト分だけ消費して、カードをプレイして効果を発揮します。

早く出したいカードがあっても、季節が変わるまで、プレイのコストの魔力トークンがでないなんてこともあります。
でも、魔力トークンを変換する能力のあるカードがあれば、それを先にプレイして……と、計画するのが楽しいゲームです。
まぁ、たまにゲームがはじまったら、ものすごくどうしようもなくなってしまうこともあるのですが、少なくとも、こうやって計画たてているあいだは、ものすごく楽しい。
これは、アグリコラをしてて、最初に配られた職業カードと小さい進歩カードを見ているときと同じ様なワクワク感です。

昔、パソコンゲームで、「フロンティアブレイン」というロボットの動きをプログラムして闘わせるゲームがあったのですが、これが、実際の戦闘が始まれば、介入が一切出来ずに見ているだけだったのですが、超おもしろかった。
それと、よく似た感覚です。
だから、プロットして、結果をみるというのに、わたしは基本的に楽しさを感じるようです。
そういえば、「落水邸物語」も、1回しかやったことがないけれど、超好きで、もう1回やってみたいゲームです。
あぁ、このゲームを作った人は、レジス・ボネッセ。どうやら、「ヒマラヤ」を作った人と同じようですね。あのゲームも、プロットして結果をみるというようなゲームで、システムは全く違うのだけど、テイストは似ている気がします。

まぁ、十二季節の方は、計画の後、ある程度、臨機応変に切り抜けられる余地があります。

最初、プレイ人数+1個のサイコロを振ります。
サイコロには、それを選んだときに得られる魔力トークン、クリスタル、召喚ポイント、変換能力、カードドローなどのアイコンがかかれています。

スタートプレーヤーから、まず、このサイコロを選んでいきます。

召喚ポイントは、これがないとカードのプレイが出来ないので、重要です。
けっこう、最優先でとっていくべきものだと思います。
まぁ、今回のゲームでは、割と3つ以上召喚ポイントのついた目が出ていて、あんまり不自由した感じではありませんでしたが、けっこう珍しいのではないかと思います。

変換能力は、今自分が持っている魔力トークンをクリスタルに変換します。季節によって、変換レートが違います。その季節にレアな魔力トークンほど、高いレートで変換することができます。

「カードを引く」は、最初に自分がプロットした以外のカードを山から引いてきます。
何を引いてくるのは、完全ランダムの博打です。
でも、ドラフトでだれも見たこともない思いがけないカードを引いてくることになるので、これが、勝負を決めることもあります。
ただし、最終的にプレイできなかったカードは、マイナス5点になりますので、ドローしすぎには注意が必要です。

あとは、自分の手持ちのカードのコストや、計画に合わせて、魔力トークンやクリスタルを取っていきます。

1つだけてプレーヤーに選ばれなかったサイコロができます。このサイコロも重要で、このサイコロで、時間がどれぐらい進むかが決まります。
1季節、4コマでてきています。そして、このサイコロによって、この季節が、1~3コマ進みます。
非道いときは、夏、1回しかなかったなんてこともおこりますし、秋が長ーーい、ということもあります。
残り物のサイコロなので、あんまり顧みられないことも多いのですが、実は、重要かも。

今回は、わたしの手に集まってきたカードは、写真を見てもらうと分かる人は分かると思いますが、非道いカードばっかりです。

「アルカノ蛭」2ひき。
「相手がなにかを召喚するとき、その人から1個クリスタルを奪う」✕2という、非常に嫌らしい感じですね。
さらに、「泥棒フェアリー」。「パワーカードを発動するたびに、相手から1個クリスタルを奪い、さらにクリスタルを1個得る」

みんなのクリスタルを枯渇させて、自分に集中させようという作戦ですな。
これは、けっこう、和邇乃児さんを直撃していた感じ。
クリスタルが0だと、わたしへの支払が出来なくて、魔力トークンがそろっていても、召喚できない。

でも、なぜか、でこねぇさんは、クリスタルが豊富にありました。

ゲーム終了時には、けっこう、クリスタルは圧勝。

でも、それに、ゲーム中に使った特殊能力の分、マイナスをして、プレイしたカードの点数をプラスします。

基本的に、強い効果のあるカードは、点数が少なくなっています。非道いカードは、マイナス点です。

逆に、点数が高いカードは、効果が緩やかになっています。

非道いカードが多かったわたしは、カードの点数は軽め。

逆に、でこねぇさんは、

「やったーー!逆転だ!!」

「えーー!!」

マジですか??

でこねぇさんは、人から奪わないながらも、ターン終了ごとにクリスタルをもらえたり、季節が変わるごとに条件があえばクリスタルをもらえるカードが多かったのです。

そして、今回、多分いつもよりも、ゲームの進み方がゆっくりでターンが多かった。
そして、たしかに、カードドローもしていたので、プレイしたカードも多かったのです。

「でも、だからって、なんでそんなに点数が……」

「だって、カード点がが高いから。基本的に高いカードばっかり選んでいたもん」

そういえば、この前2人でプレイしたときも、

「えー、そんなことすんの~」

とか、ゲーム中さんざん非難されていたて、クリスタルで圧勝していたのに、カードの点数で逆転されたことがありました。

そんな、ゲームです。

拡張入れて、やってみたいですね。
英語版???
スリープ必要???

  1. 多分、違う。 []