川原正敏,読書修羅の刻,修羅の門,修羅の門 第弐門,川原 正敏,講談社,講談社コミックス

修羅の門 第弐門18

第弐門、完結。
伝説は終わらない。

いや、終わらしておいてあげようよ。

そして、次の「修羅の刻」は、九十九パパの話ですね。これは、かっこよさそうだ。

川原正敏,読書修羅の門,修羅の門 第弐門,川原 正敏,講談社,講談社コミックス

修羅の門 第弐門17

なるほどなるほど。ここがゴールかぁ。
もう1回、不破を出すわけにはいかんしねぇ。

納得感もあるのですが、過去にとらわれた物語だなぁとも感じで、ちょっと複雑な気持ちです。

川原正敏,読書修羅の門,修羅の門 第弐門,川原 正敏,講談社,講談社コミックス

修羅の門 第弐門16

「兵」終了。
なんか、プロローグがやっと終わったなぁという感じなのですが、この先ってあるのか?

1回闘った相手との再戦って、難しそうです。

川原正敏,読書修羅の門,修羅の門 第弐門,川原 正敏,講談社,講談社コミックス

修羅の門 第弐門15

たどり着いた。
いいなぁ。熱い展開です。

まあでも、熱いと思っているのは、往年の読者だけなのかなぁ。そこに思い入れがあって、人より楽しめるというのは、決して悪いことではないですよね。

川原正敏,読書修羅の門,修羅の門 第弐門,川原 正敏,講談社,講談社コミックス

修羅の門 第弐門14

陸奥対姜子牙戦。
とうとう、決勝戦。
そして開く記憶の扉。

多分、姜子牙戦よりも、見たかった試合が……見られるのかな?

良い感じに、格闘だけをかいている感じが好きです。