仮面ライダー一覧

復活!今度は、最後まで…

重機甲兵ゼノン1

ゼノンは、わたしにとって、マンガで読んだはじめての「仮面ライダー」の様な物語なのでした。
その後、「強殖装甲ガイバー」とか、いろいろ出てくるのですが、自分のなかの原点にある(マンガの)変身ヒーローが、ガイバーなのです。

今、読んでも熱い。
展開的には、薗子と叶の関係とか、かなりスピーディすぎて無理があるところもあるんですが、この圧倒的に熱量に、当時クラクラしたものでした。

そして、数年前に、アッパーズKCから、30ページかきたした完結編が出た。
この30ページは、もう本当に「その後」のダイジェストという感じで、訳がわからないものでした。

で、今回、「リュウ」で、再び、あの後が連載されるということで、「本当にゼノン」にあえるのだと楽しみにしています。

あの30ページは、なかったことになっちゃうのが、それとも、繋がっていくのかは、まだ知らないのですが、熱い物語が読めることだけと確かだと期待しています。


セッタップ!

仮面ライダーSPIRITS14

あぁ、大変身よりも、セッタップの方が、好きだったかも。
Xライダーって、そういえば、親子の物語だったような記憶が。

楽しい。


仮面ライダーの歴史

仮面ライダーSPIRITS13

もう、だれがZXと出会ったのかわかんなくなっていますが、作者は、ちゃんと把握していて、良の思い入れをそこに入れていますね。

敵とはいえ、次々に歴代のライダーに変身を繰り返していくシーンは、なかなか燃えるものがあります。

ライダーマン、やっぱり、数に入っていないし……。結城 丈二、裏切りの星に生まれた男……。


今語っておかなければならない物語

仮面ライダーをつくった男たち

これは、今、語っておかなければ、忘れ去られてしまう物語。
これを村枝賢一のマンガで読めるのは、ライダー世代なわたしたちにとっては、とっても、ラッキーなことだと思います。

いや、本当は、全10巻ぐらいで、やって欲しかったです。

あと、男たちだけの話ではなくて、きっと、女たちの話もあったんだろうなぁと思ったりしました。


おいてけぼり

仮面ライダーSPIRITS12

物語は、どんどん過酷に、そして、複雑に。
ライダーたちは、ボロボロに。

そして、多分、読者は、けっこうおいてけぼりに……。

「仮面ライダー」としての爽快さをだそうとしたら、短い話が連続している方がきもちいいと思うのですが、今回は、ずっと戦い続けているので(しかも、絶望的な状況)辛そうだ。
たくさんの登場人物が、世界中色々なところで、関連のある事件を追っているという状況も、複雑さに拍車をかけています。

それでも、

「仮面ラ~~イダ-V3」

というドクトルGのセリフを読めば、それだけで喜んでしまう、わたしは、ライダー世代(笑)