人狼一覧

ターニングポイント

人狼戦線 アダルト・ウルフガイ・シリーズ4

ほんと、これシリーズでどれよりも、1番最初に読んじゃあかんやつです。
そして、わたしのファースト・アダルト・ウルフガイです。

まあでも、記憶の中では、全編弱りぱなしの印象だった犬神 明ですが、読んでみると思ったより元気だ。
そんなもん、腹の中に入れていたら、不死身でも、そりゃ体調悪くなるわという部分も、今読むと、精神的なものも大きかったのかなとおもえます。

これ以降のシリーズは、多分、「狼は泣かず」しか読んでないのです。

30年以上の年を経ての新展開。ちょっと、ワクワクします。


この世界に無駄などない

人狼君と仲間達

マンガなので嬉しいです。
「裏側の世界」は、昔、大陸書房から出ていた小説のシリーズで読んだことはないです。

でも、あとで人狼も、「パトロール伝説」に合流してくるみたいな。あっちは、アウトローみたいなイメージで、この人狼とは別かな?

人狼君と仲間達

山田 ミネコ

あとりえだば
http://daba.cart.fc2.com/



変身願望

今夜はじめる人狼ゲーム カード付きブック

この手の人狼ブックが、いっぱいででましたが、1番シンプルで、ほとんど遊び方とそのコツだけです。
でも、これが、1番、読み物としてもおもしろかったかも。

文章の雰囲気がいいよねぇ。


初心者からゲーマーまで

ボードゲームカタログ201

新しいボードゲームカタログ。
1/3くらい入れ替えと書かれているので、2/3は前と一緒。
続編ではなく、改訂版。

まあでも、これは、人にオススメするのによい本だと思います。
特に子どもと一緒に遊ぼうというゲームの紹介は、この手の本では弱くなりがち(まあ、購入層がゲーマーなんだから)だけど、これは、そこが強いし、アドバイスも的確です。

世相を反映して(?)人狼増えた。
まぁ、「レジスタンス」あたりが1つあればいいのかも。