井上雄彦,読書ジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス,リアル,井上 雄彦,集英社

リアル13

プロレス、最高!!

だだ泣きです。

それは、多分わたしのどこかが今でもクソ野郎だから。
そして、いつまでも、ここにいはしないと叫んでいるから。

怯えながら。

井上雄彦,読書ジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス,リアル,井上 雄彦

リアル12

最速で行くために、時には遠回りしなけれはならないときもある。

まぁ、わたしや、野宮は、遠回りばかりという気もしますが。

それでも、無駄な経験はないのだと思いたい。

井上雄彦,読書ヤングジャンプ・コミックス,リアル,井上 雄彦,集英社

リアル11

運命を決めるトライアウト。
甘くはないが、得るものもある。

やれないことが不幸。だから、走れる今は、しあわせ。

何度も繰り返されるこのフレーズは、多分、井上 雄彦のリアル。

井上雄彦,吉川英治,読書バガボンド,モーニングKC,井上 雄彦,吉川 英治,講談社

バガボンド35

少年伊織との日々です。
あしか、伊織が後を継ぐ的な存在だった記憶が。

大自然に挑む。もしかすると、挑んでいる時点で間違っているかのも。

井上雄彦,吉川英治,読書バガボンド,モーニングKC,リアル,井上 雄彦,吉川 英治,講談社

バガボンド34

地味ですよねぇ。でも、その地味さが、絵ともあっていて魅力でもあります。

多分、原作の方が派手なんじゃないかい?
そう感じてしまうリアルな手触りがすごい。