第666部隊,読書,高平鳴海予言者.,新紀元社,第666部隊,高平 鳴海,Truth In Fantasy

予言者 Truth In Fantasy 40

ノストラダムスからアガスティアの葉っぱ占いまで。
ものすごく胡散臭いものも、とりあえず力あるとして肯定する方向でかかれています。

そして、これ読んでわかるのは、未来がわかってもろくな事はないということなのでは……。

いい予言は、当たらない予言です。